ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

「静」と「眺」の平屋建築

■まだ やり残しがありますが現段階の状態 今後 最終項目の建築展示会に向けラスト工事 ぜひお楽しみにしていて下さい

今建築スタイルは全面道路と旧南部工業グランドから見て間口の長い平屋の建築物 屋根もフラットルーフと勾配ルーフで構成 カラーはご覧のとおり白ベース ポイントに木板 実にシンプルに近い外観です また建物に接地している屋外ガレージも 基本 建物本体と同デザインで構成 2体を一体的にコーディネイト 

内部のLDKはスペースも 白をベースに無垢・集成材の木肌を現しにして全体を爽やかに かつナチュナルに個性を感じさせるスペースにしています それもこれも長年住む家 決して色を加え過ぎない事で家全体の経年変化を楽しむ とういう設計コンセプト これもまた人生において贅沢な感がします また飽きのきにくい という利点もあります それは今後何かしら手を加えたり変化させたり そういう事も極力少なくなり長くご満足いただける家となるのではないでしょうか


ー今後の予定ー
■建築展示会開催
■日時:2019年3月23日~24日(2日間)AM10:00~PM5:00 
■場所:三戸郡南部町字大向字佐野平(旧南部工業高校のグランド裏)付近はりんご園
■詳細は来週末当ホームページのトップ案内及びデーリー東北新聞の23日(土)の朝刊


c0223331_10284402.jpg
c0223331_10283783.jpg
c0223331_10282969.jpg
c0223331_10282265.jpg
c0223331_10281530.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-17 11:16 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■ある程度 中の下地作業も終盤に差し掛かりました 今はその部分に集中しての作業が続いています この段階はまだまだ中のイメージや状況をお伝えする事は困難 でも当初描いていたイメージをはるかに超えた内容になる事は必至 それまで一つ一つ確認しながら進めていきたいと思います


c0223331_14562239.jpg
c0223331_14561691.jpg
c0223331_14561049.jpg
c0223331_14560508.jpg



# by yamato-arch | 2019-03-15 15:04 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■小島ブロック様による外構工事・・・敷地内は雨泥でベストな状態ではありませんでしたが 何とか敷地内に重機を搬入して砕石厚分の現状土を鋤取り やはり現状を考えると今日はここまでが限界 でこの後ですが天候にもよりますが 来週にかけて土の状態を見ながらジャリ・砕石敷きを考えています

川村塗装様によるポーチ壁のジョリパット吹付け作業終了・・・吹付け色はホワイト系 それに対しガルバのオフホワイト系 どちらも同色に近いカラーですが やはり近場で見ると違いがよーく分かります その微妙な違いにこだわるのも これもまたやりがいがありますね

ハウスクリーニング・・・清掃作業を専門としたファミール様 スタッフはほぼ女性 そのせいか細かな作業・気遣い これはやはり安心できます

来週末の展示会までギリギリの作業が続きますが 頑張ります


c0223331_14235849.jpg
c0223331_14240430.jpg
c0223331_14241656.jpg
c0223331_14241013.jpg
c0223331_14242855.jpg
c0223331_14242369.jpg











# by yamato-arch | 2019-03-15 14:55 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■造り付け建具の設置が完了・・・この造り付け建具のおもな建具はクローザーが装備され ソフトモーションのように戸当たりが柔らかくユックリ閉じるよう製作されています また通風仕様なので空気の流れや明るさなども ある程度確保され開放的でクライアントのお気に入りの一つに加わる事になりました

天候状態が悪く 中々ポーチ空間のジョリパット吹付け塗装が思うように進みませんが何とか下処理までこぎつけ 残す最終の吹付け作業を待つだけです

今日 クライアントと現場での打ち合わせ 最終の打ち合わせとなるでしょう そんな中 いろいろ雑談いたしましたが お互いここまでの経緯や結果を振り返りもしながら また受け止めながらも「良かった!」の一言だと感じましたね 

どんな仕事のプロセスもそうですが お互いの意思・意見をどう尊重しどう図るか もしくは一方通行独断でいくか 是々非々のような割り切った考え 判断するような訳にはいきません 人と人が何かをする事の難しさ つくづく感じさせられます

吉報・・・来週末に展示会を予定しました ぜひお楽しみに・・・・

c0223331_17024508.jpg
c0223331_17023312.jpg
c0223331_17023935.jpg
c0223331_17025191.jpg
c0223331_17025784.jpg
c0223331_17030242.jpg


# by yamato-arch | 2019-03-14 17:58 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■ラスト工事に差し掛かりました そして待ちに待った造り付けオリジナルダイニングテーブルが本日搬入 キッチンと並べて一応手応えを見てみました・・・手前味噌です いい出来栄え! やはり床と同材(北海道産シラカバ材)の物を採用したかいがありました 形状も出隅・入隅のエッジ角度60°に抑えているせいか 大げさな角度ではありません どちらかと言うと柔らかくバランスある角度です

この後 いよいよ造付けの造作建具が配置されます 内部空間の最終コーナー あともう少し・・・


c0223331_16512157.jpg
c0223331_16510911.jpg
c0223331_16511552.jpg
c0223331_16512783.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-12 17:07 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■内装工事終了・・・壁紙・塩ビ床タイルはすべて終わり 中の空間もこうして見るとヶ所ヶ所によってエッジのきいた 何ともスタイリッシュな感じが見受けられ清々しさを覚えます この後まだまだ作業があります 一つ一つ丁寧に丁寧に進めていきたいと考えています


c0223331_16405600.jpg
c0223331_16410350.jpg
c0223331_16411489.jpg
c0223331_16410903.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-12 16:50 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

医療建築

■医療建築・・・小規模ではありますが八戸市某地区にて 只今 スタートに向け準備中・・・その建築モデルですが 当初のスタイルと今回実行するモデルに違いがあります しかしコンセプト・コンテンツともほぼ変わりはありません 多少「形状」に変更があれど基本系が変わらなければ そこから応用編で何かしらの知恵でまた違った建築を楽しむ事ができると考えています まずは今春スタートに向け頑張ります 秋にはオープン・・・・

c0223331_16154006.jpg
c0223331_16154658.jpg
c0223331_16160400.jpg
c0223331_16161086.jpg
c0223331_16161626.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-11 16:37 | その他 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■(有)山本室内様による内装工事の壁紙施工も終盤にさしかかりました ご覧のとおりハードな壁紙やシンプルな壁紙 それぞれの特徴を活かしながら スペースに合うようコーディネイト また自然光(トップ)を活かし壁に表現された陰陽/陰影 これは人工では出来ない表現の仕方 設計どおりです 良かったです!

1階スペースに あえて円をモチーフにした壁は廻りとの空間調整です 斜線・垂直線・低い線・高い線 これが今回の空間的な特徴 そこに円の線を描く事でさらに線に柔軟性と多様性が生まれ 空間がまた一味違う 柔らかいイメージを与える事ができました


c0223331_14263509.jpg
c0223331_14262925.jpg
c0223331_14262283.jpg
c0223331_14260828.jpg
c0223331_14261571.jpg
c0223331_14260250.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-08 15:06 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■堀左官工業様によるポーチ・玄関の外床タイル施工と洗面コーナーの壁(一部)のタイル張り その外床タイルの目地処理もできる限り幅を極力狭めての施工 またタイル寸法も600角なので この面積に対し割合は丁度いい感じです 洗面コーナーのタイル柄はクライアントの奥様がお気に入りで購入したタイル 断面的には台形 形的には凹凸が表現されているので立体感があってこれも中々いいですね さすがです!

左官工事以外に川村塗装様による床(北海道産シラカバ)の塗装が始まりました 塗料はオスモカラーの自然塗料 これも出来る限り床材を活かせるようにしています 表面は柔らかくナチュラル 足触りもしっとり まるで疲れを感じさせないかのような床です 作業も丁寧に丁寧に塗布 そのせいかこの作業は来週までかかります


c0223331_14043709.jpg
c0223331_14043162.jpg
c0223331_14042072.jpg
c0223331_14042550.jpg
c0223331_14040234.jpg
c0223331_14040800.jpg
c0223331_14041487.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-08 14:25 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■屋内ガレージと室内の間にある物置 そこにオリジナルで造り上げた大胆な洗い場があります 床は防湿コンクリート 給水壁はセメントモルタル塗り・・・今は下処理段階ですが出来上がるとこれはこれで中々イイ感じになるでしょう たかが洗い場されど・・・そんな感じですね

バスユニット・・・大きさは1.25坪タイプ 出入り口ドアは透明 この透明性の趣向はあくまで個人差がありますが 私的には好みです それは開放性とゆとり感 そしてプライバシーという一つの概念の考え方をもっているかどうか・・・私も自宅の浴室を改修したくなりました

一部ですがライトを発光 そのライトはほぼすべて電球色でまとめ空間を暖色系で染めます 今後 日没が楽しみです


c0223331_15083834.jpg
c0223331_15083217.jpg
c0223331_15084378.jpg
c0223331_15084811.jpg
c0223331_15085393.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-07 15:38 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■パテ処理が終わり いよいよ壁紙施工が始まりました 壁紙は基本プライベート空間以外すべて白をベースに組み立てています しかし 今回の空間色はナチュラル、そこに初チャレンジとして意外と強い濃いめ色の既製建具が入る計画です それが今回どう見えどう感じるか チョット楽しみなところがあります

施工会社は お馴染みの(有)山本室内様職人一同 その中でとくにコダワリ感と釣りバカの山本専務は中々の人物です ヨロシク!


c0223331_14433343.jpg
c0223331_14433942.jpg
c0223331_14431978.jpg
c0223331_14432530.jpg



# by yamato-arch | 2019-03-07 15:08 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■久々のコンクリート打ち放し調の外装サイディング・・・その外装は今回3パターン 一つはガルバリウム金属サイディング 窯業系サイディング そしてガルバリウム鋼板立平(屋根葺き材)といった具合に外観を組み立てます

そして この窯業系サイディングに上塗りとしてさらにコーティングを塗布します そうすると長持ちはもちろんの事 壁そのものに艶が生まれ見た目は窯業系とは思いえない仕上がりになるはずです これは楽しみですね

c0223331_16352425.jpg
c0223331_16350753.jpg
c0223331_16351350.jpg
c0223331_16351842.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-07 14:41 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■3セットのオリジナルTVカウンター このカウンターはリビングスペースとの融合性と広さ・配置を十分に考慮し設計したものです 

その設計ヒントの秘話ですが これも以前お話ししたと思いますが クライアントの奥様のコダワリです それは何事においても「カッコ過ぎないカッコよさ」これは分かるようで中々理解しにくく難しいテーマ でも頭で理解しようとせず心や感性・フィーリングでどことなく理解できたつもりです・・・で その結果ですか?あとで聞いてみますね

通常はこのままのセット でもカウンターは互いに形や高さを微妙に変え変化を与えた3台 故に別々に移動させながら また違った配置で楽しむように固定はしていません 例えばこのカウンターを前に座りながら廻りの景観を眺め 風情に浸り そしておつまみと一献お酒を飲む これはこれでまたいいですね


c0223331_16283250.jpg
c0223331_16282698.jpg
c0223331_16283805.jpg
c0223331_16284455.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-06 17:21 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■仮設足場解体・・・建物の全貌が見えてきました その建物の色彩は限りなく黒に近いグレー色の濃いもの 本来の黒ですと少し重く重厚感あるイメージになりますが 今回 少し路線を変えソフトで柔らかいイメージでコーディネイト しかし陰陽によっては黒色に見える時もあってそれはそれでまた違った雰囲気を味わえます

今建築は2階建て建築物ですが 通常の2階建てより高さを極力抑えているせいか建物全体に安定感とバランス感があります そこにレッドシダーが加わった事でさらにコントラスト的にも形的にも より建物に深みが増し当初思い描いていたデザイン以上になりました



c0223331_16353817.jpg
c0223331_16354489.jpg
c0223331_16353230.jpg
c0223331_16355040.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-04 17:27 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■昨日から続いている照明の器具付け 照明カラーはほぼホワイトベース それもシンプル 発光は電球色系 周りには余計な色はなし あくまで木肌と白のみで構成された素の建築 

このようにシンプルとは言っていますが 実際のシンプルは口で言うほど簡単なものではありません 例えば何かを造る上で そこに何かしらを付け加えたり また足したりする足し算の考えは個々にもよりますが さほど難しくはないと思います しかしその逆に削ぎ取る剥ぎ取るとかという引き算の考えでイメージ創りもしくは構築するとなれば 早々簡単に出来るものとは思っていません 当然 私もできません それほどシンプルは難しいという事です


c0223331_16263557.jpg
c0223331_16270174.jpg
c0223331_16270816.jpg
c0223331_16264838.jpg
c0223331_16265488.jpg
c0223331_16264239.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-01 17:36 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■2階バルコニーに配置される円形状の植栽コーナー これは杉田棟梁が駆使して製作した型枠下地です 配置的にはバルコニーテラスやや中央部 そしてライトアップ用の電源に引き込まれます 

住宅の性能値や寿命を高めるための作業の一つ 断熱材施工と壁体内に空気の流れを阻止するための電源部の気密パッケージ施工 新在来木造構法での2階天井の気密層施工と通気層及び遮熱部材の施工


c0223331_16101301.jpg
c0223331_16102423.jpg
c0223331_16094495.jpg
c0223331_16093649.jpg
c0223331_16065657.jpg
c0223331_16064944.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-01 16:26 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■照明の器具付け・・・今回のライティングプランは基本ダウンライトをベースに要所要所にペンダントライトを配置しています 

その照明ですが 基本 住まいの完成度を高める最後の花はやはり照明 いつもそうですが柔らかい間接的な照明や部分的にポイントを照らしたいピンホール的な直光ライト またある程度の範囲を照らす半広角的なライトなど 様々な特徴をもったライトをどの空間に採用したら最高の空間になるか それが毎回楽しみの一つになっています

それ以外に冷暖房として天井扇(パッケージ) そしてエコキュートの貯湯タンクと2段重ねの室外機などの設置も終わりました


c0223331_15475529.jpg
c0223331_15474339.jpg
c0223331_15473755.jpg
c0223331_15474902.jpg
c0223331_15472478.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-28 16:26 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■ここに見えている物置スペースの物干し金物 それも数多く・・・なんでなんで 何に使うの そうですようね 小刻みに金物をセットしなくても竿は通せるし ハンガーを掛けるにしては幅が狭すぎるし ホント不思議と言えば不思議 答えですか? う~ん それはもう少し先にしますね すみません!でもこれだけは言っときます これはクライアントの奥様が考えたアイデア それを聞いた瞬間 もう私も納得しざるを得ませんでしたね 負けました さすがです! ヒントですか? う~ん 海のスポーツに関係するとでも言っときます

答え・・・それはぜひ展示会にお越しいただければ すぐ分かります お楽しみに・・・・


c0223331_17220652.jpg
c0223331_17221216.jpg
c0223331_17220075.jpg
c0223331_17215543.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-26 17:49 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■昨日に引き続き建物検査・・・第三セクターの住宅建築センター様による中間検査実施です そんな中 (有)清水住設の社長自らが給排水管廻りの作業 懸命に働いています その清水さんとはもう長いお付き合いですね 今では杉田建築さんともあうんの呼吸と先の現場内容の段取りなどもいろいろ心得 私にとってホント頼りになる仲間です

排水管は防音性が高い排水管を採用 とくに2階からの水の音は住宅性能値の高い家では厄介の一つ それを少しでも防ぐものとして「音ナイン」を清水住設様は標準装備として作業をしていますね さらに1階天井裏すべてに防音性の高い断熱材「ロックウール」を採用 しかしそれでも完璧ではありません そうなればRC造・SRC造 また床にALC版を採用した建築方法しかありませんね 


c0223331_17005659.jpg
c0223331_17010268.jpg
c0223331_17011410.jpg
c0223331_17010882.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-26 17:20 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■本日の現場での打ち合わせ大変お疲れさまでした・・・この段階は最終仕上がりとなる一歩手前 にも関わらずご夫妻の感動は いや~マジ嬉しかったですよ こういうのって私も立花も佐々木もそうですが 言葉に表せないほどの嬉しさを感じます

私たちは一つ一つの建築 その時その時の建築 それを今迄 普通にそれも自分たちに出来る範囲で精一杯の「技」や「心」でやってきたつもりです それがこのように感動していただいたり驚いていただいたり また嬉しいそうに言っていただいたりした時 今までのすべての想いが救われます この時ほど建築をやっていて本当に良かったと思う瞬間はありません


c0223331_17015523.jpg
c0223331_17020207.jpg
c0223331_17021596.jpg
c0223331_17020918.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-25 17:27 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■スリーエー住環境企画様による2階バルコニーの防水床(FRP)工事 午後からは住宅瑕疵保証機関による躯体検査 そして外装周りの通気層の施工 などが本日の作業です

また先週末 クライアントのH様ご夫妻から建築経過の一つの区切りとして 大工職人とスタッフ一同に過分なるお持て成しを承りました事 改めて御礼申し上げます・・・ありがとうございました

それとその日は今の工事状況をご覧いただく丁度良いいい機会でしたので ぜひ現場内に足を運んでいただき進捗状況をご確認していただきましたが やはり予想どおり一番気になる2階LDKから広がるバルコニーのスペースでしたね 実際はまだこの空間は未完成 にも関わらずこの空間をご覧いただいた時のクライアントの驚きと感動は ほんと正直に嬉しかったです・・・

通常 工事段階において中々このように現場を見る機会が少ないのが一般的 しかし今までもそうでしたが今後も出来る限りの打ち合わせは現場でやっていくよう私たちは常に心掛けています それは自分自身の目で見る もっとも大切な事だと考えるからです 


c0223331_15571369.jpg
c0223331_15570577.jpg
c0223331_15564009.jpg
c0223331_15564799.jpg
c0223331_15565347.jpg
c0223331_15565969.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-25 16:47 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■先日 現場にポーチ・玄関タイルが搬入 サイズは600角タイル いつもは300角程度にしていますが 今回はポーチ・玄関面積が広いため面積の割合に応じサイズを大きめにしています

あと 照明器具も搬入されこの後の取り付け工事を待ちます それと設備工事の一つキッチン内の給排水接続 この後は各水廻りの器具付けや温水器の設置に入ります

それと今後の作業予定として やはり一番気になるのは外構廻り これから先こうして温かく雪が解け始めるのは良いのですが 問題は土 それも雪解状態での黒土は作業的に少々難題 とくに大型重機は・・・いずれにしても今後は天候と作業効率とのタイミング その中で決めていきたいと考えています


c0223331_15071792.jpg
c0223331_15065931.jpg
c0223331_15071180.jpg

c0223331_15070527.jpg











# by yamato-arch | 2019-02-22 15:50 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■今日は春のような穏やかで温かく とても気持ちよい一日・・・そんな中 八太郎二丁目の現場 順調に進んでいます 窓廻りの防水処理・設備工事 そしてスリーエー住環境企画様による木部の防蟻防腐処理 大工による耐力壁・内部筋交い金物などもほぼ終わり いよいよ来週は躯体検査・中間検査を迎えます


c0223331_15065310.jpg
c0223331_15064715.jpg
c0223331_15064230.jpg
c0223331_15063778.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-22 15:17 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■屋根の防水処理終了・・・そして 今日は玄関ドア・耐力壁・窓廻りの防水処理などの作業が進められてます また写真でもお分かりかと思いますが 2階バルコニーの目隠し壁の3面に大型の開口部が設けられています 一般的に1階部分ですとリビングテラス しかし今回は2階部分に設けられているのでリビングバルコニーとも言うべきでしょう


c0223331_14541484.jpg
c0223331_14540888.jpg
c0223331_14540176.jpg
c0223331_14535421.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-20 15:07 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■今現在の天気は日差しもなく曇り(PM1:00頃)かつ建物環境的には東西南北にこれといった目立つような窓はなし それなのに仕上げ前の状況にもかかわらず このような状態 普通に明るいです これで壁などが仕上がりましたら もっと明るさが増すでしょう やはりこれは天窓と光庭の効果そのもの 天窓は同寸法の窓と比較して約3倍の明るさが取れます さらに明るさは日中をとうして平均的に安定した採光をもたらします 光庭も同じ トップからの陽を取り込む効果としては最適な空間と言えるでしょう

また 窓の配置はメリハリをつけ通風効果とプライバシー対策だけに絞り込んでいます このように市街地/住宅地に建築する場合は本当に配慮した計画で進めなければなりません しかしそれでも100%ではありません 出来る限りです でも配慮した設計とそうでない設計とでは やはり違いがあります


c0223331_14253630.jpg
c0223331_14254330.jpg
c0223331_14254852.jpg
c0223331_14255450.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-19 15:00 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■2階屋根の野地板(構造用合板)・破風・ケラバ・ヨド・転び止め・あおり金物などが進められています そして今回のメインベントとなる約20㎡(6.0坪)畳約12帖分の2階バルコニー このバルコニーは2階LDK空間から大開口を経て そのまま延長線上に段差なしで広がります そのイメージがこうして見えくると改めて大胆さに驚きますね

そのバルコニー(セランガンバツ材)ですが四方は2m40cm以上の壁 壁そのものが高いため壁3面に大型の開口部を設けています 効果として風の流れと圧迫感の解消 そして陽の取り込み そこに円筒形の1本植えの植栽コーナー それを2階LDKから24時間眺められる・・・楽しみです



c0223331_11082362.jpg
c0223331_11083479.jpg
c0223331_11082844.jpg
c0223331_11083910.jpg














# by yamato-arch | 2019-02-18 11:52 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■オリジナルダイニングテーブルの製作終了・・・このダイニングテーブルは床に敷いた北海道産シラカバ材の残りを使い製作したものです まさしく床が立体的に見え隠れする そんな存在になるのではないでしょうか さらに床と同素材という事でLDKそのものの広がり感が生まれ より開放的で粋な空間になるのは間違いありません 

しかしそれだけではなくテーブルをデザイン・造る上でシンプルで単調性だけで構成したのではありません そこに微妙な変化を与える事で「形」に幅を生ませました それはテーブルの出隅部6カ所にさりげない60度の角度を設けた事です それにより一般的で単調的な「形」が一変しスタイリッシュで精度の高いテーブルに変わった事です 決してやり過ぎず加え過ぎずです・・・デザインとは改めて奥深く そして不思議さと魔力を感じます

合わせて屋外のガレージも完成・・・屋根も天井すべてガルバリウム鋼板立平で構成されています ガレージ的には既製品のカーポートも優れていますが 母屋との統一感・一体感を表現するには やはりデザイン設計で構成する第二の建築もいいかもしれません たかがガレージ されど・・・ですかね


c0223331_14153628.jpg
c0223331_14154288.jpg
c0223331_14153129.jpg
c0223331_14152500.jpg
c0223331_14154819.jpg
c0223331_14155585.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-16 17:14 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■2階の床組みと柱・桁・梁掛けが作業クレーンを使い進行中・・・今日は昨日と比べ気温も上がり 寒さは一段落 

途中 クライアントが現場にお越しになり職人へホットな差し入れ・・・アリガタイです とくに今の時期は余計身にしみます そして明日からですが 来週にかけ屋根まで進み 屋根の防水処理までいきたいと考えています


c0223331_13140599.jpg
c0223331_13135817.jpg
c0223331_13135294.jpg
c0223331_13134663.jpg
c0223331_13134178.jpg
c0223331_13133468.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-15 13:32 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■1階の剛床が終わり 柱脚(管柱・通柱)がセットされてきました 写真でもお分かりかと思いますがプレカット材の継手・仕口がすべて亜鉛メッキ製の特殊な金物 その接続ピンも同様 とにかく安定した一体的構造体です とくに破壊しやすい箇所が常に安定しているのは何とも心強いですね

今回 作業工程が予定外という事で施工順序が変わりましたが まあー何とか2階の剛床まで進みました 明日から2階の柱脚・桁・梁掛けまで一気に進む予定


c0223331_17365785.jpg
c0223331_17371030.jpg
c0223331_17371685.jpg
c0223331_17370365.jpg
c0223331_17365156.jpg
c0223331_17364332.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-14 17:52 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■木工事ほぼ終了・・・杉田4人衆も最後の造り付け作業を終了して 今日で一旦現場を離れます 今後は川村塗装様による外回りの目地処理や軒天塗装 そして内部の塗装工事という順で予定を組んでいきます

しかし こうして現場を見ると さすが杉田建築4人衆です ホントよくやってくれました とても頭上がりませんね・・・マジで!

c0223331_17184137.jpg
c0223331_17185012.jpg
c0223331_17185794.jpg
c0223331_17192150.jpg
c0223331_17191423.jpg
c0223331_17190790.jpg

# by yamato-arch | 2019-02-14 17:33 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)