ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

ニュープロジェクト「新建築」

■ 今日は昨日とうって変わって穏やかで暖かく過ごし易い1日となりました・・・そんな中 前日の引き続き作業として2階の剛床から始まり柱脚・桁・梁・母屋掛けまで進み 今は屋根垂木の加工と破風・妻面の加工 そして施工の段取りに入ります 

その垂木加工ですが これは当社のコダワリとも言うべき一つの特長でもあります 垂木は母屋と同じく屋根を支える重要な部分 その屋根一つとっても建築イメージはガラリと変わります すべてはバランス・・・垂木から延びる軒先形や軒の出寸法・また角度といった違い とても詳細な部分です でもそういう一つ一つが建築全体の意匠性に大きく関わる事から私たちにとっては絶対譲れないコダワリの一つ 

それを見事に「形」にしてくれる大工職人・・・正直 頭が上がりません こうして現場でコンパネに原寸を起こし そしてルーフディテールを見事に仕上げる・・・何にも言えません 感謝の言葉以外は(杉田棟梁・小向・成田・佐々木・井川各大工職人)

c0223331_16125299.jpgc0223331_16124667.jpgc0223331_16123989.jpgc0223331_16123425.jpgc0223331_16122014.jpgc0223331_16122649.jpgc0223331_16121320.jpgc0223331_16120725.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2018-02-14 17:21 | 八戸市諏訪三丁目 O様邸 | Comments(0)