トラペゾイドノイエ 八戸市城下3丁目

■ 杉田棟梁が真剣にある造作物を製作しています これはどんな作業かと言うと造作で造り上げたキッチンの背面・側壁に独自の意匠性を与えるための作業 やり方は見付け寸法の同じ小割材と見込み寸法に違いがある様々な材種の小割材 さらに長さは不均等 といった具合に独特でオリジナルな壁にチャレンジします・・・結構手間がかかります ですが棟梁!よろしくお願いします

玄関ドアを開けると正面にビックサイズの窓 これはエントランススペースに大きなインパクトを与えるのと延長線上における空間の抜け感を感じてもらうためのものです この方向に緑の植栽が映えると一段と雰囲気が良くなりますね・・・楽しみです

c0223331_15161502.jpgc0223331_15161079.jpgc0223331_15154668.jpgc0223331_15155319.jpgc0223331_15155987.jpgc0223331_15160516.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2018-04-06 16:08 | 八戸市城下3丁目 K様邸 | Comments(0)