ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

トラペゾイドノイエ 八戸市城下3丁目

■2階ホールの鉄骨手摺りの塗装仕上げ・・・手摺りはシンプルで黒色 空間にシマリがでました このように今まで幾度となく手前でデザインした手摺りや階段を提供してきましたが一つとして同じ物はありません それは一組み一人組みの家の雰囲気や建築デザインの違いというのがあります その違いを引き出すため いろいろな角度から物事を図り またお話しをさせていただき そしてそれを自分なりに感じ受け止め試行錯誤しながらデザインを試みています

今回のクライアントのK様ご夫妻は 一般的ですが落ち着いた色や柄 またシンプルを好む雰囲気の方とお見受けいたしました しかしそれとは相反して強い意志や考え さらに思いっきりさをもつ両局面な方と考え(すみません!勝手に解釈して) よって折角の新築なので大胆なところは大胆に そうでないところは極力派手さを抑え2極化したバランスあるコーディネイトを試みました

この手摺りのデザインもそうです 平鋼と丸鋼を取り入れ敢えて手摺りに柔らかさと硬さを表現 さらにもう一つ加えると手摺りに手を掛けた瞬間 直接 手に心地よい手触りとやさしい感触 その2点がうまく伝わればと丸鋼を採用 正直 この感触を求めるため何度も鉄工所に足を運び 太くもなく細くもなく人間工学ではありませんが幾度となく試しながら ようやくこのサイズに決定した次第です 気に入っていただけると嬉しいですね

c0223331_16221647.jpg
c0223331_16220955.jpg
c0223331_16220372.jpg
c0223331_16215214.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-05-31 17:43 | 八戸市城下3丁目 K様邸 | Comments(0)

A Designer Koichi Sasaki ?