ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

新・平屋建築 南部町

■鋼製型枠とコンパネの型枠の解体中・・・そして明日から基礎内部の底盤作業に入ります 平行して明日・明後日で先行配管とシロアリ土壌処理 基礎コンクリート表面もほとんど気泡が見当たらずイイ仕上がりです これはコンクリートを打設しながらの処理がやはり上手という事ですね イイ仕事します小島ブロック様

今回の基礎は布基礎構造ですが たいがいはよくベタ基礎の方が強いというイメージをもたれる方が多いのではないでしょうか しかしこれにはいろいろな見解があり基礎の仕組みやそれぞれの長所短所を理解し また分かれば一概にベタ基礎の方だけが有利という事はありません 

建築基準法の基礎基準はそもそも地盤の状態に応じた基礎の構造を示しているのであって 基礎自体の強弱を示したものではありません 従って布基礎の方が有利の場合もあると言う事です 例えば単純にコンクリートの打設回数ですが ベタ基礎は2回 布基礎は3回で1回布基礎のほうがコンクリートの打設が多いのですが 注目するのは基礎の縦長です ベタ基礎は基礎天端からベース上端まで約350-400mm それに対し布基礎は700mm これだけ差があります つまり上からの力(断面係数=ヨコ×タテ2乗÷6)に対し抵抗できる範囲が多いのがこの数値でお分かりかと思います ようは面積が一緒なら縦長の方が有利という事ですね さらに杭工事の場合はとくに地盤下からの力に対しても同じことが言えます 

地盤が弱い時には広い面で荷重を支えるベタ基礎の方が有利 確かにそうです しかしすべての条件下においては少し違うような感じです まあー決めつけはよくないと言う事ですね・・・ちょっと話がクドクなりましたがご参考になればと思います


c0223331_17173854.jpg
c0223331_17171810.jpg
c0223331_17173210.jpg
c0223331_17172555.jpg




[PR]
by yamato-arch | 2018-09-11 18:24 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)