ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

四季と暮らしの平屋建築

■今回の低層建築を試みる側として緩やかでエッジのきいたスロープルーフとフラットルーフは 画を描く上でどうしても切り離せない感があります とくに長手方向が極端に長い場合は余計にそうですね さらに程良い低さと程よい高さ感 そして長さ このバランスが今回の見どころでもありコダワリでもあります

しかし こうして足場上から屋根全体を見渡すと豪快で迫力満点 まるで屋外テラス このように晴天で穏やかな日には外部に螺旋階段を設け この上で自然界を観ながら〝日向ぼっこ” という手もありますね 

この後 附田企画板金様による屋根の防水処理が行われました ラッキーでした 多分 明日は雨が降るでしょう 

今回の屋根部ですが フラットルーフ側の屋根下地はネダノット厚さ28mm スロープルーフ側の屋根下地は針葉樹構造用合板厚さ12mmで設計しています

c0223331_15424619.jpg
c0223331_15425187.jpg
c0223331_15423408.jpg
c0223331_15424047.jpg







[PR]
by yamato-arch | 2018-10-26 16:55 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

Designer Koichi