ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

四季と暮らしの平屋建築

■LDK天井に第1回目となる仕上げ 赤松の合板が組まれてきました この材料 棟梁が調達したものですが 少しでも見た目が奇麗な物 節が少ない物 いろいろと品定めしながら またチョイスしながら調達してきてくれました いやーアリガタイですね 仕事はこうでなくては・・・・

先日 クライアントからお願いされていた断熱材充填 それを中仕切り壁内にお願いしたい とのご要望 終わりましたのでご安心ください 基本 高気密/高断熱住宅は気密性が高いため室内で発生する音 その影響は一般的な造りより余計にあります 反響音などがそうです その対策としてはいろいろありますが やはり費用対効果を考えると中々前に進めないのが実情かと思います

一般的な平屋建築より 少し高さを抑えた事で実際の建物のボリューム感がないのでは と思う方もおります しかし これは狙い通り 低層で有るがゆえに全体の安定感とGL面からの高さ比率と全長 その両面を考えるとバランスある「箱」ではないでしょうか


c0223331_12502792.jpg
c0223331_12501622.jpg
c0223331_12502239.jpg
c0223331_12500532.jpg
c0223331_12501187.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-11-15 13:23 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31