ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

カテゴリ:三戸郡南部町佐野平 M様邸( 106 )

「静」と「眺」の平屋建築

■オリジナルダイニングテーブルの製作終了・・・このダイニングテーブルは床に敷いた北海道産シラカバ材の残りを使い製作したものです まさしく床が立体的に見え隠れする そんな存在になるのではないでしょうか さらに床と同素材という事でLDKそのものの広がり感が生まれ より開放的で粋な空間になるのは間違いありません 

しかしそれだけではなくテーブルをデザイン・造る上でシンプルで単調性だけで構成したのではありません そこに微妙な変化を与える事で「形」に幅を生ませました それはテーブルの出隅部6カ所にさりげない60度の角度を設けた事です それにより一般的で単調的な「形」が一変しスタイリッシュで精度の高いテーブルに変わった事です 決してやり過ぎず加え過ぎずです・・・デザインとは改めて奥深く そして不思議さと魔力を感じます

合わせて屋外のガレージも完成・・・屋根も天井すべてガルバリウム鋼板立平で構成されています ガレージ的には既製品のカーポートも優れていますが 母屋との統一感・一体感を表現するには やはりデザイン設計で構成する第二の建築もいいかもしれません たかがガレージ されど・・・ですかね


c0223331_14153628.jpg
c0223331_14154288.jpg
c0223331_14153129.jpg
c0223331_14152500.jpg
c0223331_14154819.jpg
c0223331_14155585.jpg

by yamato-arch | 2019-02-16 17:14 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■静か現場・・・そして残り残工事もあとわずか それも一つ一つ確認しながら今現在進めている最中ですが こうして誰も現場に入っていなくても やはり現場が気になります もしかすれば〝やり残しがないか” 〝忘れていた” 〝傷が” 〝これからの段取り” などなど とにかくじっとしていられずついつい現場に足が向いてしまいます 

やっぱ 家がカワイイんですね 良くとも悪くとも自分が描いた形です しかもそれを共同作業(住み手)で 可愛くないはずがありません・・・


c0223331_16583339.jpg
c0223331_16581828.jpg
c0223331_16582685.jpg
c0223331_16584176.jpg

by yamato-arch | 2019-02-13 17:36 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■木肌と白の幕だけの ごくごくシンプルで〝カッコつけ過ぎないカッコよさ” を目標に構成した素の空間が見えてきました これは 正直 クライアントから出た言葉です この言葉の意味や考えをそのまま現場に反映させたり実行させるには 決して自分一人では出来なかったでしょう それこそ良いパートナー(クライアント)と出会えた まさしくその事に尽きます

基本 私は無機質な演出を好みます(個人的ですが)しかし それを美しく見せたり驚きを感じさせるには 本来 ディテールにコダワリをもたなければ決して出来るものではないと考えています やる以上は中途半端な考え・想い・技 そんな考えでやる事だけはしたくないと思いますね・・・もっともっと磨かなければ


c0223331_16010895.jpg
c0223331_16011477.jpg
c0223331_16021437.jpg
c0223331_16010254.jpg
c0223331_16005011.jpg

by yamato-arch | 2019-01-25 16:39 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■内装工事の1・・・壁紙の施工に入りました 最初は壁紙を貼る前の下処理 パテ処理です 壁紙が奇麗に貼られるよう下地を決めます 下地の石膏ボード・ベニヤなどがそうです その下地のビス頭・釘・ジョイント目地 とくに出隅などをファイバーテープなどを使い処理していきます

その現場の帰り 今回 造り付け建具を依頼している(株)中山建具工業様へ顔出し 作業的にはまだ途中段階ですが その中でもルーパー方式のシンプルな建具が完成されていました この建具の大きな特徴は ある程度 光や通風を促す最適でデリケートな建具 しかし経年変化と伴い やはり造り付け 年月が経過するたびに建具の表情がどんどん変化していきます これはやはり既製建具では味わえない風情とも言うべきものでしょう 但し最初は四季を通じて いろいろな部分に不具合が生じてきます でもそれを乗り越えると文句なくイイ感じで この空間を彩るでしょう



c0223331_12423312.jpg
c0223331_12422662.jpg
c0223331_12421902.jpg
c0223331_12430162.jpg
c0223331_12424039.jpg
c0223331_12424799.jpg
c0223331_12425382.jpg

by yamato-arch | 2019-01-23 13:11 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■以前にも公開いたしましたが 「木」を採用した部分に 今回 植物油と植物性ワックスからできた自然塗料を促します(すべてではありませんが)そのオスモカラーの大きな特徴ですが 一つに化学物質を一切使用していない 食品と同じレベルで高い安全性 そしてその塗料は木の内部に深く浸透するため「木」本来の質や風合いが損なわれない 味わいある画期的な塗料です

それを今回メインとなる造り付け扉・造り付けカウンター・そして最後に北海道産シラカバ材の無垢フローリング といった部分に促します フロアカラーはナチュラルを採用 その事で木の質感を存分に表現するでしょう

その代わり塗布施工は時間がかかります とにかくここまできたら一つ一つ慎重に それも丁寧に作業をするよう職人さんたちも気を使い作業を進めています それと塗料コストが余計にかかった分 その出来栄えをより期待したいですね


c0223331_16424876.jpg
c0223331_16425992.jpg
c0223331_16430598.jpg
c0223331_16425482.jpg

by yamato-arch | 2019-01-16 17:26 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■洗面コーナーのシンク受けカウンター・・・セメントモルタルでの仕上げは終了 あとはこれに破水処理を促しますが やはり表面上に網目模様のヘアクラックが生じます しかし長く使っていただくためにも水に濡れたらしっかりと乾いたタオルで拭き取りさえしていただければ より長く使っていただけると思います

外部ガレージの天井・・・材料はガルバリウム鋼板の立平 通常というか一般的というか使用される材料は準・不燃ボードや化粧垂木・ベニヤ系などで仕上げますが 今回 屋外ガレージと言っても建物本体と一緒 という概念から たかがガレージされど・・・といった気持ちで設計しています ガレージと建物本体のコラボレージョン でもこれでもまだ未完成 後ほど大工職人が入り化粧角材が8本納まる予定です



c0223331_16105591.jpg
c0223331_16110181.jpg
c0223331_16102707.jpg
c0223331_16103257.jpg
c0223331_16104994.jpg






by yamato-arch | 2019-01-15 16:46 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平家に住む

■現場での打ち合わせ大変お疲れさまでした・・・今回のこの打ち合わせで照明プランと磁器タイルを除いて ほぼ仕様内容が決まり あとは実行のみ という事になりますが 正直 まだ油断は出来ません いついかなる事があるかもしれません 油断禁物!

今回 2度目となる洗面パウダーコーナーのシンク受け台 材質はセメントモルタル まだ下処理段階ですが上塗り後は きっと素材感アリアリでとてもいい感じになるでしょう 但し使用される場所としては素材的にクラックが生じたり防水的問題はありますが しかし その点も理解し納得した上で進めています もちろんそれに対しても少しでも解消されるよう対策はします・・・徐々にいい感じになってきました


c0223331_17030572.jpg
c0223331_17043404.jpg
c0223331_17023225.jpg
c0223331_17022652.jpg

by yamato-arch | 2019-01-09 18:00 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■現場足場解体・・・建物の全貌が見えきました 周りは見渡す限りの自然界 その中に一軒ぽつんとたたずむホワイトカラーの低層建築 外部のガレージも見えてはいますが まだ未完成 外構廻りも雪で見え隠れ 少しじれったい気持ちがありますが ここはじっと春を待つしかありません 建築フォルムもバランスよく綺麗でシャープな仕上がり 当初思い描いていたイメージどおりのスタイルになり少し安堵しています

外観もそうですが 中のスペースもクライアントのコダワリが満載 決して流行りに左右されないシンプルカラーとスペースがその一つであり さらに物に対するクライアントのコダワリ感 これもまた見逃せません 動線関係もストレスを感じさせないキッチン廻りを中心とした迂回動線

〝風景のある平屋に住む” これが今年の最後の作業となりました しかし来年もまだまだ続きがあります どうか引き続き来年も宜しくお願いいたします


c0223331_15425598.jpg
c0223331_15424822.jpg
c0223331_15423819.jpg
c0223331_15422962.jpg
c0223331_15421897.jpg
c0223331_15420780.jpg

by yamato-arch | 2018-12-27 16:29 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■川村塗装様による木部の塗装作業・・・先日 現場にてクライアントと木部を着色するにあたり 集成材やランバ材などいろいろなサンプルを用いて色合わせ・・・すべて決定した訳ではありませんが おおよそ方向性が決まり 只今 その作業に入っています 
但し 床材や天井のスプルース材・アカアツ材・造り付け建具材は基本的にドイツ生まれの自然塗料オスモカラー 他はバリュー系で本来の木質を活かした塗装の仕方

予想ですが 今回の空間模様は本当の意味でのナチュラル感 そして本物の現す素材感 この2点の表現であることは間違いありません 出来る限り原色を避け あくまでその素材を活かし経年変化を楽しむ 悩みに悩み抜いたクライアントの想いです


c0223331_16463037.jpg
c0223331_16455734.jpg
c0223331_16455046.jpg
c0223331_16462410.jpg
c0223331_16534665.jpg







by yamato-arch | 2018-12-25 17:20 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

風景のある平家に住む

■静かな現場です・・・今迄ワイワイ・ガヤガヤ あちらこちらから人の声や機械音が聞こえてきましたが 今は静寂で物音一つしません まあ~環境的な要因もありますが やはり音がない現場は寂しい でもそれもこれももうすぐ 近々に塗装工事が組まれているので またいつものような現場に戻るでしょう


c0223331_16285543.jpg
c0223331_16290716.jpg
c0223331_16284478.jpg
c0223331_16290040.jpg
c0223331_16284983.jpg

by yamato-arch | 2018-12-17 16:41 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28