ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

<   2012年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

YAMATOの建築現場     設計・施工・監理     八戸市八幡字小出田    O様邸

c0223331_15323531.jpgc0223331_15324272.jpgc0223331_15325094.jpg








▅ 敷地内の整地も約8割は終わり、本日、建物の配置を出すため地縄張りを行いました。寸法は計図書とほぼ変わらず計画どおりに進めて行きたいと考えています。

来週(予定日は6日)はこの地縄張りに従い地盤試験調査(5ポイント)を実施いたします。試験調査内容により設計図書どおりのベタ基礎仕様、もしくはそれに対し補強が必要か判断されます。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-31 15:53 | Comments(0)

YAMATOのB&A     設計・施工・監理     八戸市鮫町字下盲久保     S様邸

c0223331_15214289.jpgc0223331_1521501.jpgc0223331_15215741.jpg








▅ 2階の床(構造用合板 厚さ28mmm)を組みながら1階部分の屋根垂木(2×10)を掛けています。今週中には何とか屋根の野地板まで進めて行きたいと思います。

サッシ及び玄関ドアも搬入され少しづつではありますが全体像が見えてくるかと思います・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-31 15:32 | Comments(0)

-Home Sweet Home-

c0223331_8422841.jpgc0223331_842393.jpgc0223331_8425278.jpgc0223331_84301.jpgc0223331_843964.jpgc0223331_8431731.jpg



























▅ 5年ほど前に建築した自宅です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。旧家屋は約100年の歴史もつ古民家、改築するか新築かで随分迷いましたが家族会議で新築へ、少しでも旧家の古材を利用して思い出を刻む事に決定しました。

家族の中で外観は奇抜なものでは無く、あくまで地域に溶け込むような「色」と「形状」に内部の間取りも少しでも義両親が以前の家と動線が違わないよう不自然性の無いように配置しました。当初はきっと義両親も「こんな感じの家で落ち着くのかな~」と感じたと思いますが、今では家族の中で一番のお気に入りで近所に自慢するメンバーですね。

本音で言うと以前は「あの時にこうしたかった とか・・・・・・こういう設計にすれば良かったか とか」 もありましたが、今では正直 〝Homme Sweet Homme” 「我が家ほど愛おしい場所はない」 と言う想いです!

設計者ではありますが一人の建築主として皆様と同じ立場で「考え」・「思い」・「感じ」 ています。(同様にスタッフの一人設計者の立花もほぼ同じ時期に我が家を建築・・・・・・・・・・・。)この事を少しでも多くの方々に伝え、そして同じ価値観で共に仕事出来る事を切に望みます。

また少し内容(工事ブログ)から脱線しました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お付き合いありがとうございます。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-31 09:33 | その他 | Comments(2)

-「秋桜」-

c0223331_12491463.jpgc0223331_12492148.jpgc0223331_1249287.jpg








▅ 少し硬いブログからホンノチョット、ソフトに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

私が住んでいる自宅に義母が植えた「秋桜」がこの時期見事に咲きました。家内から「いつ見てもヤマトの工事ブログが硬いから時にはこういうショットもイイんじゃない」・・・・・・・・・・・・・・のお言葉をいただき、早速、携帯で-----。

正直・・・・・・・「秋桜」の咲いている場所近くにいつも自家用を停めているのに、その時(しばらく咲いていたと思うのですが)初めて咲いている事を知りチョットショックへこみました・・・・・・・・・・・。「秋桜」がこんなに見事な咲いているのにも関わらず気付かない。ダメですねこんな事じゃ もう~少し気持ちに余裕を持たなければ・・・・・・・・・・・。

「秋桜」にはたくさんの花言葉があるみたいですね・・・・・・・・たとえばピンクのコスモスは「乙女の純潔」・赤いコスモスは「調和」・「乙女の愛情」 とか この機会いに少しロマンチックな気持ちになるよう心をチェンジしてみるのもイイかもしれませんね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お付き合いありがとうございました。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-29 14:18 | その他 | Comments(2)

YAMATOの建築現場     設計・施工・監理    八戸市八幡字小出田    O様邸

c0223331_12412890.jpgc0223331_12413588.jpgc0223331_12414241.jpg








▅ 型枠も取り外され根掘り部分への埋め戻し作業が行われています。明日は敷地内の整地が行われ次の工程(地縄張り・地盤試験調査)へと進んでいきます。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-29 12:48 | Comments(0)

YAMATOのB&A     設計・施工・監理     八戸市鮫町字下盲久保     S様邸

c0223331_12324463.jpgc0223331_12325262.jpgc0223331_12325959.jpg








▅ 1階構造体の補強がほぼ終了し2階の構造補強へと作業が進んでいます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。2階も1階同様にバランスよく筋交い・柱脚・梁を組みながらしっかりと頑丈な構造体に仕上げていきます。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-29 12:40 | Comments(0)

YAMATOの建築現場     設計・施工・監理     八戸市田向字壇ノ平     I様邸

c0223331_14574692.jpgc0223331_14575410.jpgc0223331_14581063.jpg








▅ 軒天部分に見えている、この黒く「蜂の巣」のような部材はどの方向からの風向きにも対応できる通気部材です。

基本的に建物の腐朽原因は通気層がしっかり確保されているか、そうでないかの違いが大きく左右されます。通気層を通じて常に湿気を除き木材を乾燥状態にする。その役割はもっとも重要で建物の強度・耐久性に大きく関わってきます。一般的な仕様材料でもこの施工をしっかり行う事で建物寿命に違いが出てきます。

今日は、I様ご夫婦と一緒に現場での打ち合わせを行いました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。やはり図面上で見る寸法と現場での現寸を見るのとでは感覚が大きく違い、改めて現場現状を確認する事が出来て本当に良かったと思います。

内部造作に関する設計図と照らし合わせながらの確認。まだまだこれから先いろいろ打ち合わせする内容がたくさんあります。一つ一つ納得しながら進めて行きましょう・・・・・・・・・・・・・・・・・。(本日の打ち合せ大変お疲れ様でした)
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-27 15:58 | Comments(0)

YAMATOの建築現場     設計・施工・監理     八戸市八幡字小出田    O様邸

c0223331_14264788.jpgc0223331_1426588.jpgc0223331_1427535.jpg








▅ 土留め工事も順調に進んでいます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。前日にベースコンを打ち鉄筋を組み、そして型枠を組んだ後にコンクリートの打設が行われました。

前方に小高い森林が見えます。ホンノ少しですが「紅葉」しています。これはこれから先、チョット楽しみかな・・・・・・?

来週、型枠を外した後に敷地内を整地し、その後に地縄張り、そして地盤試験調査の予定を組みます。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-27 14:54 | Comments(0)

YAMATOの建築現場    設計・施工・監理    八戸市八幡字小出田   O様邸

c0223331_1665174.jpgc0223331_1665877.jpgc0223331_167581.jpg








▅ 近日、着工します(現在、建築確認申請準備中)O様邸の外構工事(土留め)が進められています。近隣との境界線確認も図れいよいよ本日よりスタート・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今回、O様邸のたくさんある中の一つの見どころは、やはり南東方角にある「緑の田園地帯」を見渡せる空間・・・・・・。
コンセプトをそこに絞り建築していきたいと考えています。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-24 16:22 | Comments(0)

YAMATOのB&A     設計・施工・監理    八戸市鮫町字下盲久保    S様邸

c0223331_1540479.jpgc0223331_1540128.jpgc0223331_15401994.jpg








▅ (新)筋交い・(新)間柱・(新)柱脚・柱脚補強工事などが現在進められています・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
以前の建造物はほぼ「筋交い」や「間柱」・「基礎」などが無く不適格建造物として存在していました。今回、大幅に改造する上で910mmの間隔で柱脚組みとバランス良く筋交いを入れ、更に基礎補強と床は構造用合板厚さ28mmで組み建造物を出来る限り安定した強度を保つよう設計します・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まずはご家族が少しでも安心して暮らしていただけるよう建物の安全性を第一優先で考えていかなければなりません。そのために一つ一つ構造性を確認しながら工事を進めていきます。
[PR]
by yamato-arch | 2012-10-24 16:06 | Comments(0)

A Designer Koichi Sasaki ?