ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

<   2015年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ 2階天井の下地施工が始まりました・・・下地に石膏ボード・ベニヤ系が施工されてくると全体の空間がより具体的に見えてきます 「やっぱ チョット違うな~」とか 「イヤイヤ考えていたとおりの空間で良かった」 「う~ん これは予想以上の出来」 とか いろいろこの段階で考えるんですよ実は・・・では今回は?というと もちろん予想以上 安心しています でも私的には少しイメージと違っていた方が 正直 新しい発見や創作につながりますね

N様・・・わざわざ現場に足を運んでいただいた際に職人さんたちへのお気遣い・・・本当にありがとうございます 私からも改めてお礼申し上げます では丁度良く この機会に大工職人さんたちをご紹介いたします 親方の杉田棟梁(十和田市) 相棒の大久職人(十和田市) 同じく鈴木職人と小向職人(八戸市) みんな気さくで腕のイイ職人 年は40代~50代 少し年はいってますが 中々どうして まだまだ若い・・・元気元気です どうかこれからもヨロシクお願いいたします

c0223331_14544123.jpgc0223331_1455469.jpgc0223331_14551259.jpgc0223331_14552175.jpgc0223331_14552819.jpgc0223331_14553539.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-27 15:42 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ 壁・天井 そしてスイッチ・コンセントBOXなどからの壁体内の断熱材に空気の流れや進入をつくらないよう しっかりシートと特殊プラBOXで施工しています このような気密施工は各々方法に違いはあれど基本的考え方は同じ 建物の寿命・構造・そして断熱性を確保する上でもっとも重要です

c0223331_17171782.jpgc0223331_17172476.jpgc0223331_17173183.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-26 17:18 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ イイ感じの外観フォルムになりそうです・・・落ち着いた感じで色彩もバッチリ また 只今 施工中の窯業系のコンクリート打ち放し柄 確かに擬似的ですけど そこは外観形状と組合せ次第で本物と比べてもまったく劣ることはありません ますます表現力アップ・・・とにかく外観の雰囲気は素材の組合せと色次第で良くも悪くも変わりますね 

c0223331_1572758.jpgc0223331_1573958.jpgc0223331_1574630.jpgc0223331_1575823.jpgc0223331_158545.jpgc0223331_1581230.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-25 15:29 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ モスグリーン系の金属サイディング・・・このカラーはハードでもガーリーでもどちらでも合うカラー 全体の約7割がモスグリーン 残る3割はハードなコンクリート打ち放し柄の窯業系サイディング この2トーンで今回外観色をまとめています 2階ベランダの構成 骨組みと笠木は完成 残るは外側に木質の板を組む準備に入ります

c0223331_1647790.jpgc0223331_16471589.jpgc0223331_16472745.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-24 17:09 | Comments(0)

チョット・・十和田湖冬物語へ

▅ 先週 「十和田湖冬物語」に行く機会を与えてくれた子供たちと平日ではありますが一緒に行ってきました このイベント以前よりは規模が小さくなったと言う事ですが でも初めて行った私たちは感動・・・その上 この日は天候も良く気温もそんなに低くなく・・・もう気分最高 (子供たちに感謝!) 会場内はLEDのイルミネーションやステージのライトアップ・「かまくら」・足湯・チョットしたゲレンデ・見れませんでしたが「津軽三味線」の実演・ホットワインをいただきながら そして最後は この満天の空に「花火」の打ち上げ・・・とてもヨカッタですよ! 

このイベント・・・もうすでに皆さんは知って行かれた方が多いと思います でも私はこの近場にいながら全然気にすることなく 正直初めて知ったって感じ・・・情けない こちらのイベント 確か今月いっぱいかな? 行かれていない方 どうかこの機に行かれて見てはいかがでしょう きっと感動しますよ!(とくに2ペアとか家族ペアとかは・・・)


c0223331_13391444.jpgc0223331_13394053.jpgc0223331_134049.jpgc0223331_13403154.jpgc0223331_13404348.jpgc0223331_13405188.jpgc0223331_13412753.jpgc0223331_13413694.jpgc0223331_1342460.jpgc0223331_13422855.jpgc0223331_13423947.jpgc0223331_13425039.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-23 13:43 | その他 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ ここ何日間 春を感じさせるような天気・・・仕事柄このまま一気に春を迎えたいですね 大工さん達はこのチャンスに外での作業 透湿防水施工から通気胴縁の施工 そして外壁張りへと段取りを組んでいます 現在の建物の全景(東側道路から) 只今 建築の作業上 周りはメッシュシートで覆われていますが 今後の外観の仕上がりが楽しみです・・・

c0223331_12211446.jpgc0223331_12212138.jpgc0223331_12212998.jpgc0223331_12214072.jpgc0223331_1221475.jpgc0223331_12215385.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-23 12:36 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ 昨日に引き続き建物の検査(中間検査)・・・建物の配置寸法・建物高さ・軒高・軒出・耐力壁・金物などなど設計図書と見比べながら一つ一つ確認 (検査終了) その中 検査と平行しながら中では気密層の施工と2階天井に屋根通気部材の施工が行われています

明日から私事で2日間ほどブログを休憩・・・来週から またヨロシクお願いいたします

c0223331_15524395.jpgc0223331_15525256.jpgc0223331_1553095.jpgc0223331_1553968.jpgc0223331_15531745.jpgc0223331_15532439.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-19 16:07 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ 住宅瑕疵保証機関様による建物の躯体検査・・・検査員 「また 何かオモシロそうな建物ですネ」 「ハイ ありがとうございます ぜひ ご期待にお応えできるよう頑張ります」 (検査は無事終了) 大工職人は先に壁側の断熱材の施工に入りました 断熱材は出来る限り欠損がないよう柱間にキレイに充填 そして この作業が終わると今度は気密層の施工に入ります そんな中 電気工事の配線工事もスタート 毎回そうですが配線数の多い事 コンセント数 照明の数 さらにスイッチの3路 4路の結線数の多い事が その理由かな?・・・(いつも駒井電気様には怒られます トホホホ・・・)

c0223331_17283447.jpgc0223331_17284121.jpgc0223331_17285242.jpgc0223331_1729031.jpgc0223331_17291335.jpgc0223331_17292295.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-18 17:49 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場   N様邸

▅ 岩手県沿岸北部・内陸・三八上北地方に 一時は東日本大震災を思わせるような強い地震・・・現場では職人が「そんなに強かったけ・・・全然気になんなかったなあ~」 (しかし どういう神経してんのかね・・・) 
まあ それは良いとして今日はサッシの取り付けとスリーエー住環境企画様による木部の防腐防蟻処理 清水住設様の内部配管作業などなど順調に作業が進んでいます

c0223331_1621164.jpgc0223331_1621894.jpgc0223331_16211780.jpgc0223331_16212545.jpgc0223331_16213351.jpgc0223331_16214060.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-17 16:35 | Comments(0)

八戸市田向の建築現場  N様邸

▅ 外周部の耐力壁も大分進みました・・・その中で2階東側の開口部は大胆 ここから眺める眺望 N様の独り占めになりそうです

c0223331_1133552.jpgc0223331_11341028.jpgc0223331_11342158.jpg
[PR]
by yamato-arch | 2015-02-16 11:57 | Comments(0)

Designer Koichi