ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

<   2018年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

光庭と暮らし

■基礎工事スタート・・・今年は例年に比べ建築着工戸数が多く各業者様もきっと多忙なはず そんな中 早めに工事がスタートでき助かりました 今回 基礎工事をしていただける会社は 前回同様南部町の「自然界と低層建築」を担当していただいた小島ブロック様・・・ 実にいい仕事してくれます

基礎の構造は「ベタ基礎」地盤補強は「杭状柱体」この2本立てで建物を支えていきます 最初は基礎のベースとなる部分の根掘り作業 続いて耐圧盤部分をBMからのレベルにあわせ均等に均しているところです


c0223331_16154695.jpg
c0223331_16153223.jpg
c0223331_16152535.jpg
c0223331_16153825.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-31 16:35 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

四季と暮らしの平屋建築

■屋根工事も順調に進んでいます 同様に耐力壁となる面材も進み あとはサッシの取り付け その後は耐力壁廻りに透湿防水シートや胴縁掛けの施工となります


c0223331_15300470.jpg
c0223331_15295840.jpg
c0223331_15301758.jpg
c0223331_15301096.jpg
c0223331_15294490.jpg
c0223331_15295174.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-30 15:43 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

四季と暮らしの平屋建築

■先週末に屋根の防水処理アスファルトルーフィングが終わり 早速今日から屋根の板金工事 屋根材はガルバリウム鋼板立平 やはりこの作業が終わると一息つきます

断熱サッシの搬入が少し遅れていますが その間に建物の耐力面材の施工 耐力面材の名称はOSBボード 意外とデリケートな面材です 極力雨風にさらさないよう注意しながら進めていきます このOSBボードですが薄く削状にした木片を配合させて積層、接着剤で高温圧縮した木質系ボード その特徴は まず環境にやさしいのと合板と同じように強度・剛性・断熱性 そして防虫性にも優れている点というところです また釘のピッチによっては木造軸組では壁倍率5.0倍 ツーバイフォー工法では4.6倍という高い水準になっています 壁倍率は釘のピッチによって違いますが それ以上に注意しなければならないのが釘を打つ力・手加減です よく釘を打ち過ぎボードに釘が減り込んでしまう事が多々あります しかしそれでは正規な倍率とはなりません そうならないように杉田大工職人さんたちは気を使いながらの作業 正確に打釘しています

軒先の部分に黒い物が見えています これは全天候全方位型(東西南北)通気部材(イーヴスベンツ・ハチの巣状) 通気は家の寿命を大きく左右するもの 人間でいう血流 血の巡りが悪ければおのずと人体に影響します 家も同じく通気が悪ければいろいろな個所に影響を及ぼし家の腐朽につながります そのようにならないためにも私たちにとって必要不可欠な通気層吸気ガラリ部材です

今日から電気配線工事が始まりました 担当電気工事会社は(有)コマイ様 (有)コマイは当社にとって欠かせない電気工事会社 ほぼ私たちが請け負ったクライアントの電気工事は彼らと言っても過言ではありません・・・頼りにしています


c0223331_13463360.jpg
c0223331_13464022.jpg
c0223331_13464772.jpg
c0223331_13465470.jpg
c0223331_13470172.jpg
c0223331_13470737.jpg
c0223331_13471397.jpg
c0223331_13471938.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-29 14:41 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

四季と暮らしの平屋建築

■今回の低層建築を試みる側として緩やかでエッジのきいたスロープルーフとフラットルーフは 画を描く上でどうしても切り離せない感があります とくに長手方向が極端に長い場合は余計にそうですね さらに程良い低さと程よい高さ感 そして長さ このバランスが今回の見どころでもありコダワリでもあります

しかし こうして足場上から屋根全体を見渡すと豪快で迫力満点 まるで屋外テラス このように晴天で穏やかな日には外部に螺旋階段を設け この上で自然界を観ながら〝日向ぼっこ” という手もありますね 

この後 附田企画板金様による屋根の防水処理が行われました ラッキーでした 多分 明日は雨が降るでしょう 

今回の屋根部ですが フラットルーフ側の屋根下地はネダノット厚さ28mm スロープルーフ側の屋根下地は針葉樹構造用合板厚さ12mmで設計しています

c0223331_15424619.jpg
c0223331_15425187.jpg
c0223331_15423408.jpg
c0223331_15424047.jpg







[PR]
by yamato-arch | 2018-10-26 16:55 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

光庭と暮らし

■今日で地盤補強工事すべて終了・・・径200mm 補強杭本数は60本 深度≒5.8~6.5m 補強方法は「ピュアパイル工法」我が社では今回初となる補強工事です 通常であれば後1日2日でコンクリートが固まり 早々に基礎工事には入れるのですが 段取り及び準備の都合上来月からとなります でもここまでやっておけば一応一安心 それまでの間 設計上の再確認や展開図などの作成に入りたいと思います


c0223331_16374216.jpg
c0223331_16375118.jpg
c0223331_16380223.jpg
c0223331_16381025.jpg





[PR]
by yamato-arch | 2018-10-24 16:48 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

四季と暮らしの平屋建築

■ほんの少し小雨が降り出しましたが作業には差し支える事はありません そんな中 新たな助っ人職人も加入して 只今4人体制 ベストな体制です・・・で作業ですが屋根垂木掛けがほぼ終わり 順調にトップ屋根の野地板合板(針葉樹構造用合板)を組んでいます これが終わると同じようにフラットルーフへ移行 フラットルーフの野地板はネダノット厚さ28mmを採用いたします

M様・・・職人さんたちへの差し入れありがとうございます その差し入れにホコリが入らないようにプラBOXケースまで準備していただき マジ本当にありがとうございます「ありがてぃ~な~ これが無くなったら何か入れておがねば・・・すぐなぐなるからな!」たはは・・まあこんな感じです それとお向かいの〝りんご” 腹減っても無断で取らないように まあーさすがそれはないですけどね


c0223331_16060641.jpg
c0223331_16062065.jpg
c0223331_16071448.jpg
c0223331_16063443.jpg
c0223331_16064115.jpg
c0223331_16062786.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-24 16:36 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

ニュープロジェクト 「光庭と暮らし」

■八戸市青葉3丁目〝光庭のある家”の地盤補強工事中・・・今回 地盤調査書から一番ベターな改良方法(ピュアパイル工法)を採用 そのピュアパイル工法は円錐型掘削ヘッドを用いて地盤を側方に押し広げ そして支持深度まで掘削しながらセメントミルクを注入し置換えして杭状柱体を造る工法です 本数は60本 杭径は200mm 深度6.5m 工程期間は3日間


c0223331_15290538.jpg
c0223331_15291233.jpg
c0223331_15292241.jpg
c0223331_15293052.jpg
c0223331_15294180.jpg
c0223331_15294946.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-22 15:45 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

新・平屋建築 南部町

■建築確認看板取り付け・・・ヤマトの概念(コンセプト)でもある一つの語「Renovate your Liefe」〝よりよい暮らしのために” この概念で取り組んで早19年 来年は20年を迎えます そうです来年はヤマト設計工房の成人式

手加工した屋根垂木が組まれています 破風・ケラバも同様です その軒先出は全体像をシャープに そしてスタイリッシュに見せるために とくにエッジがきいた設計としています その屋根ですが勾配係数は1寸と1/100 太い線は太く 細い線は細く メリハリつけた屋根構成です


c0223331_14353474.jpg
c0223331_14361581.jpg
c0223331_14360789.jpg
c0223331_14354978.jpg
c0223331_14355754.jpg
c0223331_14354251.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-22 15:04 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

新・平屋建築 南部町

■建て込み初日(昨日)・・・土台上端に気密スペーサー 続いてイエローシーダー土台・大引き掛け 次に大引き受けに鋼製束を配置 連続して3度目の蟻(アリ)対策にスリーエー住環境企画様にお願いして基礎内周部に薬剤散布 トリプル対策を促しました その後 床組みに水平構面性高い剛床のネダノン ネダレス合板厚さ28mmを施工 最後に床の汚れ防止に養生シートを貼り 本日の作業は終了 お疲れさまでした・・・

c0223331_16050690.jpg
c0223331_16064356.jpg
c0223331_16092186.jpg
c0223331_16094036.jpg
c0223331_16094787.jpg
c0223331_16095708.jpg
c0223331_16102153.jpg
c0223331_16103869.jpg



■建て込み2日目(本日)・・・今日は平屋の柱脚・梁・束・桁掛けです その主要となる構造部はタツミの金具を採用したYSストロングフレーム(モノコック) そのフレームの大きな特徴は土台・大引き・柱脚・束・梁・桁などの集成材に組み込まれている接続金物(プレート・ピン)です その接続金物はすべて計算された強度を確保 かつ亜鉛メッキ そのため経年劣化で起こりうる腐食や塩害などの心配もありません 実に安定性ある大断面構造体です 

最後に杉田棟梁がベニヤに屋根垂木・破風・ケラバなどの微妙な納まり 形状・寸法を現寸で起こして最終確認中 やはりエッジのきいた線形にするには棟梁の技術・精度なくして出来ませんね・・・頼りです

c0223331_16105440.jpg
c0223331_16110265.jpg
c0223331_16111352.jpg
c0223331_16112193.jpg
c0223331_16112966.jpg
c0223331_16113807.jpg
c0223331_16114517.jpg
c0223331_16315525.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-19 17:33 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

新・平屋建築 南部町

■準備が整いました・・・明日から本格的な木工事です 現場にはくれぐれも泥を運ばないよう杉田建築衆がブルーシートで養生 この後仮設足場の組み立て あと心配なのが天気 しかしここ何日間は天気にも恵まれそうな気配 何かいいスタートがきれそうです


c0223331_15541087.jpg
c0223331_15540301.jpg
c0223331_15535428.jpg

[PR]
by yamato-arch | 2018-10-17 16:14 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

Designer Koichi