ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

<   2019年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

風景のある平屋に住む

■以前にも公開いたしましたが 「木」を採用した部分に 今回 植物油と植物性ワックスからできた自然塗料を促します(すべてではありませんが)そのオスモカラーの大きな特徴ですが 一つに化学物質を一切使用していない 食品と同じレベルで高い安全性 そしてその塗料は木の内部に深く浸透するため「木」本来の質や風合いが損なわれない 味わいある画期的な塗料です

それを今回メインとなる造り付け扉・造り付けカウンター・そして最後に北海道産シラカバ材の無垢フローリング といった部分に促します フロアカラーはナチュラルを採用 その事で木の質感を存分に表現するでしょう

その代わり塗布施工は時間がかかります とにかくここまできたら一つ一つ慎重に それも丁寧に作業をするよう職人さんたちも気を使い作業を進めています それと塗料コストが余計にかかった分 その出来栄えをより期待したいですね


c0223331_16424876.jpg
c0223331_16425992.jpg
c0223331_16430598.jpg
c0223331_16425482.jpg

by yamato-arch | 2019-01-16 17:26 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■1階の勾配天井と南側長手方向の壁に 今回 化粧ベニヤで空間を彩ります 今その下地を組んでいる最中 のちこれが完成した暁には この空間が圧巻以外何物でもない印象を与えるのでないでしょうか それを物語るように もう下地施工の段階でこんな感じ これはちょっと楽しみですね


c0223331_16432864.jpg
c0223331_16431152.jpg
c0223331_16431623.jpg
c0223331_16432235.jpg

by yamato-arch | 2019-01-16 16:56 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■洗面コーナーのシンク受けカウンター・・・セメントモルタルでの仕上げは終了 あとはこれに破水処理を促しますが やはり表面上に網目模様のヘアクラックが生じます しかし長く使っていただくためにも水に濡れたらしっかりと乾いたタオルで拭き取りさえしていただければ より長く使っていただけると思います

外部ガレージの天井・・・材料はガルバリウム鋼板の立平 通常というか一般的というか使用される材料は準・不燃ボードや化粧垂木・ベニヤ系などで仕上げますが 今回 屋外ガレージと言っても建物本体と一緒 という概念から たかがガレージされど・・・といった気持ちで設計しています ガレージと建物本体のコラボレージョン でもこれでもまだ未完成 後ほど大工職人が入り化粧角材が8本納まる予定です



c0223331_16105591.jpg
c0223331_16110181.jpg
c0223331_16102707.jpg
c0223331_16103257.jpg
c0223331_16104994.jpg






by yamato-arch | 2019-01-15 16:46 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■基礎の型枠も外れ 只今 外回りのポーチ・ガレージ内部の砕石敷き 明日はその部分にコンクリート打ち込みを予定 しかし 今日は暖かい一日でした それもこの時期ですよ ちょっと信じられませんね やはりこれも地球温暖化現象の一つでしょうか 確かに外で働く職人さんは助かりますが 何とも複雑な心境です

c0223331_15532938.jpg
c0223331_15532406.jpg
c0223331_15531135.jpg
c0223331_15531890.jpg

by yamato-arch | 2019-01-15 16:09 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

医療建築

■医療建築図面作成中・・只今 実行に向け奮闘 計画どおりにいけば今春スタート 完成は秋 場所は八戸市某地区 アクセス・ライフラインとも整い最適な環境地 近々に建築模型にて公開いたします・・・頑張ります にしても図面の多さはハンパありません この後もまだまだ図面作成があります


c0223331_17083855.jpg
c0223331_17083234.jpg





by yamato-arch | 2019-01-12 17:22 | その他 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■高断熱住宅に欠かせない建物内部の気密層の施工・・・では皆さん高断熱と聞くと こう言うお話を聞いた事がありませんか「オール電化住宅は温かいですね」・・・よく展示会などにお越しになられた方々から聞く声です それは「オール電化を採用したから温かいのではなく 建物の性能次第ですよ ようは建物を魔法瓶と考えて下さい 魔法瓶のお湯は冷めにくいですよね それは隙間の無い作りと保温効果があるからですよ 暖房はファンヒーター以外であれば自分たちにあった物で良いと思います」と例えてお話しすると「へ~え そうなんだ じゃあ~中に居ると呼吸できなくなるね・・・」まあ~そんなしょうがないお話ししながら互いに和んでいますが 

このように今は高気密・高断熱住宅は当たり前でさらに進化しているのが現状です それは付加断熱 ようは温かい洋服の上に さらにダウンジャケットを着ていると考えた方が良いかもしれません でも壁や屋根・天井の断熱効果だけ高めれば良いとは限りません 建物には窓があります 熱がよく逃げていく場所は「窓」その窓の性能も同時に高めなければなりません さらに換気 熱のロスを抑える熱交換換気(第1種機械換気)の必要性もあります

温熱環境を高めるためにはいろいろな方法や考え方がありますが それもこれも初期投資に掛かるコスト 但し国の制度の助成金を活用され初期の負担を軽減される事もできます また当然のように温熱環境を高めれば光熱費(電気・ガス・灯油)のランニングコストは抑えられます・・・このようにどっちがどうのうではありませんが それもこれも考え方次第 マジ!考えさせられますね


c0223331_16072019.jpg
c0223331_16071344.jpg
c0223331_16070735.jpg
c0223331_16070183.jpg

by yamato-arch | 2019-01-12 17:07 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

風景のある平家に住む

■現場での打ち合わせ大変お疲れさまでした・・・今回のこの打ち合わせで照明プランと磁器タイルを除いて ほぼ仕様内容が決まり あとは実行のみ という事になりますが 正直 まだ油断は出来ません いついかなる事があるかもしれません 油断禁物!

今回 2度目となる洗面パウダーコーナーのシンク受け台 材質はセメントモルタル まだ下処理段階ですが上塗り後は きっと素材感アリアリでとてもいい感じになるでしょう 但し使用される場所としては素材的にクラックが生じたり防水的問題はありますが しかし その点も理解し納得した上で進めています もちろんそれに対しても少しでも解消されるよう対策はします・・・徐々にいい感じになってきました


c0223331_17030572.jpg
c0223331_17043404.jpg
c0223331_17023225.jpg
c0223331_17022652.jpg

by yamato-arch | 2019-01-09 18:00 | 三戸郡南部町佐野平 M様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■昨日の住宅瑕疵保証機関の躯体検査に引き続き 本日 第三セクター(株)建築住宅センター様による中間検査を実施・・・その検査とは別に大工職人は2階の壁部分の断熱材施工 2階天井部分の遮熱/通気ルーフと屋根部の断熱材施工 そして2階天井の気密層の施工と手際よく作業を進めています 作業効率ですが 今のところ寒さはありますが何とか天候にも恵まれ順調そのもの・・・春が待ち遠しい!


c0223331_17015825.jpg
c0223331_17020553.jpg
c0223331_17021257.jpg
c0223331_17021976.jpg

by yamato-arch | 2019-01-09 17:32 | 八戸市青葉3丁目 Y様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■基礎の立上り部へのコンクリート打設・・・この打ち込みで一旦この作業工程の基礎工事の大元が終了です あとは構造に影響がない部分ですが それはこの後の天候と気温 両方ニラメッコしながら進めていきたいと考えています


c0223331_17012727.jpg
c0223331_17013509.jpg
c0223331_17014991.jpg
c0223331_17014208.jpg




by yamato-arch | 2019-01-09 17:17 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■昨日 基礎の耐圧盤にコンクリート打設 今日はその上に鋼製型枠を配置 型枠は耐圧盤にスペーサーを組みそこのに配置していきます それとすでに清水住設様による給排水の先行配管が行われているのもお分かりかと思います このような作業の流れは私がいちいち指示を行わなくともお互いの会社間の連絡のやり取り そこは言うまででもなく協力会社同士のコミニュケーションに尽きます・・・これはほんとマジ助かります アリガタイですね 皆さんには感謝しています そして明日はこの型枠に3回目のコンクリート打ち込み その後しばらく養生を促し型枠を外します・・・今日はお疲れさまでした


c0223331_17174132.jpg
c0223331_17173445.jpg
c0223331_17175781.jpg
c0223331_17175101.jpg

by yamato-arch | 2019-01-08 18:07 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31