人気ブログランキング |

実現に向けた建築

■2階建て建築というよりほぼ平屋建築・・・実現に向かい 只今 奮闘中

c0223331_15410363.jpg








by yamato-arch | 2019-01-30 15:52 | その他 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■建物の一角に設けられた壁 北米産のWRC(ウエスタンレッドシダー)さすがヒノキ科ネズコ属に分類するせいか 現場はほんのりとヒノキの匂いが漂います 飾り過ぎない外観 アクセントで設けた壁 これがまた何とも言えない表情になっています

階段の製作も見えてきました 階段は蹴上げ高さ(190mm)その高さで抑えたせいか本当にユッタリとした昇降しやすい高さ そして階段は毎日にようにかかせない動線 決して階段設計を怠ってはいけませんね

化粧天井も終わり 次は天井から壁伝えに同じ作業が続きます 天井から続く壁一面の空間 きっと感動があるはずです


c0223331_15073737.jpg
c0223331_15075604.jpg
c0223331_15075007.jpg
c0223331_15074334.jpg

by yamato-arch | 2019-01-30 15:37 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■木肌と白の幕だけの ごくごくシンプルで〝カッコつけ過ぎないカッコよさ” を目標に構成した素の空間が見えてきました これは 正直 クライアントから出た言葉です この言葉の意味や考えをそのまま現場に反映させたり実行させるには 決して自分一人では出来なかったでしょう それこそ良いパートナー(クライアント)と出会えた まさしくその事に尽きます

基本 私は無機質な演出を好みます(個人的ですが)しかし それを美しく見せたり驚きを感じさせるには 本来 ディテールにコダワリをもたなければ決して出来るものではないと考えています やる以上は中途半端な考え・想い・技 そんな考えでやる事だけはしたくないと思いますね・・・もっともっと磨かなければ


c0223331_16010895.jpg
c0223331_16011477.jpg
c0223331_16021437.jpg
c0223331_16010254.jpg
c0223331_16005011.jpg

by yamato-arch | 2019-01-25 16:39 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■外装工事のガルバリウム金属サイディングの施工は終了 残すはウエスタンレッドシダー張り そん中 シックでダンディ的で落ち着いたユニットバスが納まりました 

中では先週から続いている1階のリビング/ダイニング/キッチンの化粧天井の作業が進んでいます これも通常であればただ石膏ボードで終わるのですが 最初に下地を施工 その後目地のテープ処理 そして仕上げ材を施工 しかし 今回天窓との絡みもあり変則的な寸法であるため 納まり的にはとくに技術を要します でももう手慣れたもんです 手間がかかる分 完成後は満足感を味わえるでしょう


c0223331_12430726.jpg
c0223331_12433211.jpg
c0223331_12432646.jpg
c0223331_12431449.jpg
c0223331_12431992.jpg

by yamato-arch | 2019-01-23 13:28 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■内装工事の1・・・壁紙の施工に入りました 最初は壁紙を貼る前の下処理 パテ処理です 壁紙が奇麗に貼られるよう下地を決めます 下地の石膏ボード・ベニヤなどがそうです その下地のビス頭・釘・ジョイント目地 とくに出隅などをファイバーテープなどを使い処理していきます

その現場の帰り 今回 造り付け建具を依頼している(株)中山建具工業様へ顔出し 作業的にはまだ途中段階ですが その中でもルーパー方式のシンプルな建具が完成されていました この建具の大きな特徴は ある程度 光や通風を促す最適でデリケートな建具 しかし経年変化と伴い やはり造り付け 年月が経過するたびに建具の表情がどんどん変化していきます これはやはり既製建具では味わえない風情とも言うべきものでしょう 但し最初は四季を通じて いろいろな部分に不具合が生じてきます でもそれを乗り越えると文句なくイイ感じで この空間を彩るでしょう



c0223331_12423312.jpg
c0223331_12422662.jpg
c0223331_12421902.jpg
c0223331_12430162.jpg
c0223331_12424039.jpg
c0223331_12424799.jpg
c0223331_12425382.jpg

by yamato-arch | 2019-01-23 13:11 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■外装工事・・・今回のメイン外壁は ガルバリウム鋼板縦張りのフラット仕様 そこにレッドシダーでアクセント この2トーンで構成します カラーは久々のブラック調 そしてよく言われるのが「社長は白がお好きなんですね ほとんどが白の建物が多いので 白が好きなのかなあ~思っていました 逆に立花さんは黒が多いですね どうしてでしょう?」

そっかあ~周りはそうのように思っていたんだ いやはや何とも・・・でも決してそのような事がありません 最初の打ち合わせ時にクライアントのお好みのカラー・建物自体のイメージ確認 そして採用する素材そのもののメンテ・アフターを説明して最後にクライアントのお好みカラーを優先的に加えデザインしています

では その「形」や「意匠」創りですが 決して一方通行な考えで進めてはいません あくまで また出来る限りクライアントの個性感や生活感を引き出すよう私含め立花も懸命に努めています ただ3人3用(クライアント含め)まったく同じ考えやイメージをもつ事はありえませんので そこでどう相手の考えや想いを引き出すか そこが最大の難関になります そこで建築と別な話し「趣味」・「仕事」・「遊び」・「洋服」・「雑誌」・「車」etc その辺から何とかヒントを得て思い描く事があります そこに設計者の考えやアイデア・デザインを乗せ そして図面作成に入ります

まあ~なんて言えばいいか そこがこの設計や建築の魅力であり やりがいでもありますね 根っこはクライアントの喜ぶ顔です それがあるからこそ私含め立花も頑張れます


c0223331_15262604.jpg
c0223331_15262193.jpg
c0223331_15261511.jpg
c0223331_15260996.jpg

by yamato-arch | 2019-01-19 16:52 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■以前にも公開いたしましたが 「木」を採用した部分に 今回 植物油と植物性ワックスからできた自然塗料を促します(すべてではありませんが)そのオスモカラーの大きな特徴ですが 一つに化学物質を一切使用していない 食品と同じレベルで高い安全性 そしてその塗料は木の内部に深く浸透するため「木」本来の質や風合いが損なわれない 味わいある画期的な塗料です

それを今回メインとなる造り付け扉・造り付けカウンター・そして最後に北海道産シラカバ材の無垢フローリング といった部分に促します フロアカラーはナチュラルを採用 その事で木の質感を存分に表現するでしょう

その代わり塗布施工は時間がかかります とにかくここまできたら一つ一つ慎重に それも丁寧に作業をするよう職人さんたちも気を使い作業を進めています それと塗料コストが余計にかかった分 その出来栄えをより期待したいですね


c0223331_16424876.jpg
c0223331_16425992.jpg
c0223331_16430598.jpg
c0223331_16425482.jpg

by yamato-arch | 2019-01-16 17:26 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■1階の勾配天井と南側長手方向の壁に 今回 化粧ベニヤで空間を彩ります 今その下地を組んでいる最中 のちこれが完成した暁には この空間が圧巻以外何物でもない印象を与えるのでないでしょうか それを物語るように もう下地施工の段階でこんな感じ これはちょっと楽しみですね


c0223331_16432864.jpg
c0223331_16431152.jpg
c0223331_16431623.jpg
c0223331_16432235.jpg

by yamato-arch | 2019-01-16 16:56 | Comments(0)

風景のある平屋に住む

■洗面コーナーのシンク受けカウンター・・・セメントモルタルでの仕上げは終了 あとはこれに破水処理を促しますが やはり表面上に網目模様のヘアクラックが生じます しかし長く使っていただくためにも水に濡れたらしっかりと乾いたタオルで拭き取りさえしていただければ より長く使っていただけると思います

外部ガレージの天井・・・材料はガルバリウム鋼板の立平 通常というか一般的というか使用される材料は準・不燃ボードや化粧垂木・ベニヤ系などで仕上げますが 今回 屋外ガレージと言っても建物本体と一緒 という概念から たかがガレージされど・・・といった気持ちで設計しています ガレージと建物本体のコラボレージョン でもこれでもまだ未完成 後ほど大工職人が入り化粧角材が8本納まる予定です



c0223331_16105591.jpg
c0223331_16110181.jpg
c0223331_16102707.jpg
c0223331_16103257.jpg
c0223331_16104994.jpg






by yamato-arch | 2019-01-15 16:46 | Comments(0)

■基礎の型枠も外れ 只今 外回りのポーチ・ガレージ内部の砕石敷き 明日はその部分にコンクリート打ち込みを予定 しかし 今日は暖かい一日でした それもこの時期ですよ ちょっと信じられませんね やはりこれも地球温暖化現象の一つでしょうか 確かに外で働く職人さんは助かりますが 何とも複雑な心境です

c0223331_15532938.jpg
c0223331_15532406.jpg
c0223331_15531135.jpg
c0223331_15531890.jpg

by yamato-arch | 2019-01-15 16:09 | Comments(0)