人気ブログランキング |
ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

<   2019年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「静」と「眺」の平屋建築

■照明の器具付け・・・今回のライティングプランは基本ダウンライトをベースに要所要所にペンダントライトを配置しています 

その照明ですが 基本 住まいの完成度を高める最後の花はやはり照明 いつもそうですが柔らかい間接的な照明や部分的にポイントを照らしたいピンホール的な直光ライト またある程度の範囲を照らす半広角的なライトなど 様々な特徴をもったライトをどの空間に採用したら最高の空間になるか それが毎回楽しみの一つになっています

それ以外に冷暖房として天井扇(パッケージ) そしてエコキュートの貯湯タンクと2段重ねの室外機などの設置も終わりました


c0223331_15475529.jpg
c0223331_15474339.jpg
c0223331_15473755.jpg
c0223331_15474902.jpg
c0223331_15472478.jpg

by yamato-arch | 2019-02-28 16:26 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■ここに見えている物置スペースの物干し金物 それも数多く・・・なんでなんで 何に使うの そうですようね 小刻みに金物をセットしなくても竿は通せるし ハンガーを掛けるにしては幅が狭すぎるし ホント不思議と言えば不思議 答えですか? う~ん それはもう少し先にしますね すみません!でもこれだけは言っときます これはクライアントの奥様が考えたアイデア それを聞いた瞬間 もう私も納得しざるを得ませんでしたね 負けました さすがです! ヒントですか? う~ん 海のスポーツに関係するとでも言っときます

答え・・・それはぜひ展示会にお越しいただければ すぐ分かります お楽しみに・・・・


c0223331_17220652.jpg
c0223331_17221216.jpg
c0223331_17220075.jpg
c0223331_17215543.jpg

by yamato-arch | 2019-02-26 17:49 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■昨日に引き続き建物検査・・・第三セクターの住宅建築センター様による中間検査実施です そんな中 (有)清水住設の社長自らが給排水管廻りの作業 懸命に働いています その清水さんとはもう長いお付き合いですね 今では杉田建築さんともあうんの呼吸と先の現場内容の段取りなどもいろいろ心得 私にとってホント頼りになる仲間です

排水管は防音性が高い排水管を採用 とくに2階からの水の音は住宅性能値の高い家では厄介の一つ それを少しでも防ぐものとして「音ナイン」を清水住設様は標準装備として作業をしていますね さらに1階天井裏すべてに防音性の高い断熱材「ロックウール」を採用 しかしそれでも完璧ではありません そうなればRC造・SRC造 また床にALC版を採用した建築方法しかありませんね 


c0223331_17005659.jpg
c0223331_17010268.jpg
c0223331_17011410.jpg
c0223331_17010882.jpg

by yamato-arch | 2019-02-26 17:20 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■本日の現場での打ち合わせ大変お疲れさまでした・・・この段階は最終仕上がりとなる一歩手前 にも関わらずご夫妻の感動は いや~マジ嬉しかったですよ こういうのって私も立花も佐々木もそうですが 言葉に表せないほどの嬉しさを感じます

私たちは一つ一つの建築 その時その時の建築 それを今迄 普通にそれも自分たちに出来る範囲で精一杯の「技」や「心」でやってきたつもりです それがこのように感動していただいたり驚いていただいたり また嬉しいそうに言っていただいたりした時 今までのすべての想いが救われます この時ほど建築をやっていて本当に良かったと思う瞬間はありません


c0223331_17015523.jpg
c0223331_17020207.jpg
c0223331_17021596.jpg
c0223331_17020918.jpg

by yamato-arch | 2019-02-25 17:27 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■スリーエー住環境企画様による2階バルコニーの防水床(FRP)工事 午後からは住宅瑕疵保証機関による躯体検査 そして外装周りの通気層の施工 などが本日の作業です

また先週末 クライアントのH様ご夫妻から建築経過の一つの区切りとして 大工職人とスタッフ一同に過分なるお持て成しを承りました事 改めて御礼申し上げます・・・ありがとうございました

それとその日は今の工事状況をご覧いただく丁度良いいい機会でしたので ぜひ現場内に足を運んでいただき進捗状況をご確認していただきましたが やはり予想どおり一番気になる2階LDKから広がるバルコニーのスペースでしたね 実際はまだこの空間は未完成 にも関わらずこの空間をご覧いただいた時のクライアントの驚きと感動は ほんと正直に嬉しかったです・・・

通常 工事段階において中々このように現場を見る機会が少ないのが一般的 しかし今までもそうでしたが今後も出来る限りの打ち合わせは現場でやっていくよう私たちは常に心掛けています それは自分自身の目で見る もっとも大切な事だと考えるからです 


c0223331_15571369.jpg
c0223331_15570577.jpg
c0223331_15564009.jpg
c0223331_15564799.jpg
c0223331_15565347.jpg
c0223331_15565969.jpg

by yamato-arch | 2019-02-25 16:47 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

「静」と「眺」の平屋建築

■先日 現場にポーチ・玄関タイルが搬入 サイズは600角タイル いつもは300角程度にしていますが 今回はポーチ・玄関面積が広いため面積の割合に応じサイズを大きめにしています

あと 照明器具も搬入されこの後の取り付け工事を待ちます それと設備工事の一つキッチン内の給排水接続 この後は各水廻りの器具付けや温水器の設置に入ります

それと今後の作業予定として やはり一番気になるのは外構廻り これから先こうして温かく雪が解け始めるのは良いのですが 問題は土 それも雪解状態での黒土は作業的に少々難題 とくに大型重機は・・・いずれにしても今後は天候と作業効率とのタイミング その中で決めていきたいと考えています


c0223331_15071792.jpg
c0223331_15065931.jpg
c0223331_15071180.jpg

c0223331_15070527.jpg











by yamato-arch | 2019-02-22 15:50 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■今日は春のような穏やかで温かく とても気持ちよい一日・・・そんな中 八太郎二丁目の現場 順調に進んでいます 窓廻りの防水処理・設備工事 そしてスリーエー住環境企画様による木部の防蟻防腐処理 大工による耐力壁・内部筋交い金物などもほぼ終わり いよいよ来週は躯体検査・中間検査を迎えます


c0223331_15065310.jpg
c0223331_15064715.jpg
c0223331_15064230.jpg
c0223331_15063778.jpg

by yamato-arch | 2019-02-22 15:17 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■屋根の防水処理終了・・・そして 今日は玄関ドア・耐力壁・窓廻りの防水処理などの作業が進められてます また写真でもお分かりかと思いますが 2階バルコニーの目隠し壁の3面に大型の開口部が設けられています 一般的に1階部分ですとリビングテラス しかし今回は2階部分に設けられているのでリビングバルコニーとも言うべきでしょう


c0223331_14541484.jpg
c0223331_14540888.jpg
c0223331_14540176.jpg
c0223331_14535421.jpg

by yamato-arch | 2019-02-20 15:07 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■今現在の天気は日差しもなく曇り(PM1:00頃)かつ建物環境的には東西南北にこれといった目立つような窓はなし それなのに仕上げ前の状況にもかかわらず このような状態 普通に明るいです これで壁などが仕上がりましたら もっと明るさが増すでしょう やはりこれは天窓と光庭の効果そのもの 天窓は同寸法の窓と比較して約3倍の明るさが取れます さらに明るさは日中をとうして平均的に安定した採光をもたらします 光庭も同じ トップからの陽を取り込む効果としては最適な空間と言えるでしょう

また 窓の配置はメリハリをつけ通風効果とプライバシー対策だけに絞り込んでいます このように市街地/住宅地に建築する場合は本当に配慮した計画で進めなければなりません しかしそれでも100%ではありません 出来る限りです でも配慮した設計とそうでない設計とでは やはり違いがあります


c0223331_14253630.jpg
c0223331_14254330.jpg
c0223331_14254852.jpg
c0223331_14255450.jpg

by yamato-arch | 2019-02-19 15:00 | Comments(0)

陽と風とバルコニーの住まい

■2階屋根の野地板(構造用合板)・破風・ケラバ・ヨド・転び止め・あおり金物などが進められています そして今回のメインベントとなる約20㎡(6.0坪)畳約12帖分の2階バルコニー このバルコニーは2階LDK空間から大開口を経て そのまま延長線上に段差なしで広がります そのイメージがこうして見えくると改めて大胆さに驚きますね

そのバルコニー(セランガンバツ材)ですが四方は2m40cm以上の壁 壁そのものが高いため壁3面に大型の開口部を設けています 効果として風の流れと圧迫感の解消 そして陽の取り込み そこに円筒形の1本植えの植栽コーナー それを2階LDKから24時間眺められる・・・楽しみです



c0223331_11082362.jpg
c0223331_11083479.jpg
c0223331_11082844.jpg
c0223331_11083910.jpg














by yamato-arch | 2019-02-18 11:52 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)