人気ブログランキング |
ブログトップ

ヤマト設計工房・日誌

<   2019年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

DC.NNH医療建築

■クロス工事すべて終了・・・そのポイントクロスもそれなりに空間を彩り 本当にいい表情を見せています これにより治療で来院される方々の心の和み 治療される先生またスタッフの方々のやりがいと満足感 そういった心の支えと励みに少しでも貢献出来ればと考えています

今日から床タイルの施工に入ります またそこで雰囲気が変わる事は間違いなし 楽しみです 


c0223331_15530844.jpg
c0223331_15531436.jpg
c0223331_15533078.jpg
c0223331_15532074.jpg

by yamato-arch | 2019-07-31 16:34 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■ポイントクロス・・・それ以外は白と茶系 多様に色・柄を使い過ぎないよう白をベーシックにコーディネイト それと反対に外観は黒 そこに同じく茶系をベースに組み立てているせいか 中と外とのギャップはあまり感じません これは一つの統一感なのでしょうか まったく違和感ありません

この作業 今週いっぱい見込んでいます そして来週は電気・設備機器・建具関係の作業を予定

c0223331_15560275.jpg
c0223331_15560938.jpg
c0223331_15555656.jpg
c0223331_15554955.jpg
c0223331_15553930.jpg

by yamato-arch | 2019-07-29 16:17 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■2階バルコニーのスチール製手摺りの設置終了 手摺りは中残の丸鋼のピッチ幅を極端に狭くしているのがお分かりでしょうか これはペットが屋根に侵入できないようにです やはり現場合わせでデザイン・造られた物は何か一味違います これで外観に一つアクセントが付きました

壁紙施工も中盤に差し掛かり 徐々に空間に色が見えてきました 色彩的には木の素材を活かしながら合わせながらシンプルに かつ大胆なところは大胆に とメリハリある色調にしています 今度はこれにウッドな感じのフロアタイルが施工されてきます

c0223331_15384674.jpg
c0223331_15384077.jpg
c0223331_15383534.jpg
c0223331_15382983.jpg
c0223331_15385117.jpg
c0223331_15385697.jpg
c0223331_15390115.jpg

by yamato-arch | 2019-07-27 16:01 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

その後のN様邸 八戸市是川

■平成25年完成の八戸市是川のN様邸 もう6年たちます 実は先日 外壁となるスギ板の塗装依頼があり 状況確認のため現地視察 確かに6年経過していますのでそろそろ一度は塗り替えが妥当です

にしても腐りもなく逆にスギ板そのものに風合いが増し何とも言えない渋くいい感じになっています そのスギ板の塗装ですが 現に今も採用していますがグラディ―ションのように3パターンでその当時も塗装 手間が掛かりましたが やはり成果ありありです 実にイイ表情しています

手前味噌で恐縮ではありますが こうして6年前のヤマトの線形を意識した建物を見ていると当時から造り過ぎない造り 流行りに左右されない そういった実にシンプルな考えでやっていた事 今さらながらですがよくやってきたと思っています この考え さらに継続しさらに磨いていければと思いますね

N様・・・当時は本当にいろいろお世話になりました こうして建物を見ていると本当に大切にして下さっている事がよく分かります 今後 メンテナスやアフターがありましたらご遠慮なくお申し出ください



c0223331_15363432.jpg
c0223331_15364078.jpg
c0223331_15364639.jpg










by yamato-arch | 2019-07-25 16:12 | その他 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■パテ処理も大詰め 下塗りが終わり そして只今上塗り この工程ですが通常3回が一般的 しかし作業効率を考え商品によっては2回の工程も多くなりました これ実は最後の上塗りはヘラ幅で分かります 全体をムラなくパテを平滑にするためには やはり幅広のヘラの方が便利 下塗りの際はビス頭や穴を埋めるには狭いヘラ いろいろ使い分けしています

一応 今日でパテ掛けは終了 明日から少しづつではありますが壁紙の施工が始まります

c0223331_15162661.jpg
c0223331_15164486.jpg
c0223331_15163879.jpg
c0223331_15163349.jpg

by yamato-arch | 2019-07-25 15:36 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■今日から壁紙施工と床工事が始まります・・・担当は(有)山本室内様 腕利きの職人が担当 では壁紙を貼る前の最初の工程ですが 各部位の養生から始まり その後に壁紙が綺麗に貼られるように下地材の石膏ボードやベニヤのビス頭・目地部分・出隅などを均一にパテ剤というもので2回3回と均していきます

作業もようやくここまで来ました・・・きっとこの工程が終わるころは今とはまったく違った空間が見えてくるでしょう 楽しみです

c0223331_16433092.jpg
c0223331_16432505.jpg
c0223331_16431831.jpg
c0223331_16431246.jpg
c0223331_16430699.jpg

by yamato-arch | 2019-07-23 17:43 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■DC.NNH様の暗渠(あんきょ)工事もほぼ終了 作業は根切り作業から始まり排水用の暗渠用ネトロンパイプ施工・砕石敷き込み・防草シート そして埋戻しをして完了

今回の件ですが 当初の地盤調査段階(SWS試験法)でこのような状況が判明出来れば良かったのですが 基本 調査方法が違う方法なのでこれは分からなくても致し方ありません もし地質調査であれば正確な土質が分かり雨水対策としてそれなりの方法は最初の段階でとれたかもしれませんしとったでしょう しかしまずはここまで改良改善した事で100%ではありませんが 正直 ホント一安心しています これから気にすることなく今後の作業に入りたいと思います

c0223331_17310858.jpg
c0223331_17311463.jpg
c0223331_17313936.jpg
c0223331_17313317.jpg

by yamato-arch | 2019-07-19 18:07 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■今回 敷地内の地盤の「水はけ」が相当悪い事が判明 思う以上に雨水が浸透していかない状況で常に建物周辺に雨水が溜まっている状態です これをこのまま放置しておくと建物にも大きな影響を及ぼしかねない状況になります そこでその一つの対策として「暗渠」(あんきょ)対策を実施する事に決定 「暗渠」とは地中に埋設する蓋のない排水路という意味です その排水路から土中の余分な水を誘導排水して土中の水はけを良くする方法 その部材として様々な種類がありますが 今回 径100mmの暗渠用パイプ(ネトロンパイプ)と言うものを建物廻りを中心に排水経路を2系統に分け地中にある雨水を他の場所に誘導排水します 

作業的には最初にある一定の深さまで基礎外周部の根掘りの作業 その後決められた場所までネトロンパイプを埋設 さらにその上下に砕石や防草シートで覆い現状に戻します 

実際 当初の基礎工事の根切りを行った際には ここまでの雨水が発見されず それほど気にはしていませんでしたが ある作業段階で判明 これを確認した以上このまま見逃したり放置したりしてはおけません 再度基礎廻りを根掘り それからスリーブで抜いた排水管・電気配管口及び基礎のベース上端部に改めて接着剤入りの防水コンクート処理を促しました これは誰が見ても納得した状況だと考えています その状況から今こうしてさらに暗渠対策を講じ安心で安全な状況をつくっています

しかし この状況早めに分かった事がせめてもの救い と今更ながら思いますね・・・私もまだまだです!それと作業していただいている小島ブロック様には大変感謝しております ありがとうございました

c0223331_11223719.jpg
c0223331_11223256.jpg
c0223331_11222117.jpg
c0223331_11221508.jpg
c0223331_16181733.jpg
c0223331_16182354.jpg
c0223331_16182979.jpg
c0223331_11222762.jpg

by yamato-arch | 2019-07-18 12:23 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC・NNH医療建築

◾️後半に入った、今の姿の医療建築・・・

c0223331_18355102.jpeg
c0223331_20341605.jpeg
c0223331_20353642.jpeg

by yamato-arch | 2019-07-17 18:53 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

DC.NNH医療建築

■川村塗装様による木部保護塗料の塗布・・・クリアな感じの木部から着色された木部 塗装工程は2回工程 1度上塗りした後ペーパーで磨き さらに塗布いたします そうすると表面はさらに艶が増し綺麗な木部に変身します

壁に配置された屋久島産スギ板の塗料ですが 和信のツバキ「自然塗料」のオイルフィニッシュ調 トルエン・キシレンを一切含まない無鉛・低臭の塗料を採用 子供さんが利用する施設などにも多く採用されています

本日 足場が解体されました 外観・・・やはり予想どおり いやそれ以上かもしれません 渋くイイ感じです

c0223331_15440003.jpg
c0223331_15440657.jpg
c0223331_15435427.jpg
c0223331_15434872.jpg
c0223331_15434255.jpg
c0223331_15433613.jpg
c0223331_16005891.jpg
c0223331_16010458.jpg

by yamato-arch | 2019-07-16 16:14 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)