人気ブログランキング |

■仮設足場解体終了・・・黒と白のガルバリウム鋼板とコンクリート打ち放し調の窯業系サイディングでコーディネイトした外観モデルの初お披露目

建築面積の半分を占める車両2台収納できる電動シャッター付き大型ガレージ そしてその上に配置された無垢板のバルコニー 

その2階バルコニーには東西南の3方角に大型の開口部を配置 通風と圧迫感を抑えた開口部です 最後にこの開口部には黒のスチール製手摺りが配置されるのと 何とそこから「シンボルツリー植樹」が外から道路から見えてくるはずです

さらに日中は日中でプライバシーを気にする事なく心地良い風を感じながらコーヒーを楽しみ また天気の良い日は暖かい日差しを浴びながら日光浴 夜は夜でライトアップされた「植樹」と「夜空」を眺めながらチェアとテーブルでワイン片手にお食事・・・

本当に この市街地でそれも多くの住宅に囲まれた環境の中で もしこのような生活が送れると思うと何とも羨ましい限りです・・・それを実現させるためにも是が非でも最後まで務めさせていただきます


c0223331_15415244.jpg
c0223331_15385782.jpg
c0223331_15385005.jpg
c0223331_15390560.jpg

# by yamato-arch | 2019-04-10 16:33 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

■本日 杉田棟梁が2階バルコニーにFRP防水で製作した開閉式収納庫 そこに残ったセランガンバツ材を使い全体を覆っていただきました やはり床に敷いたバツ材との統一感が図られ 今迄以上に感じがずっと良くなりましたね 但しフタはそれなりに重くなりましたが 日常開け閉めする訳ではないので その点ご理解いただければ幸いです

木部の塗装工事はすべて終了 残すは鉄製手摺りの仕上げです それとこの写真でもお分かりかと思いますが茶系色が見えています 今度そこにメインの白とポイントの黒が見えてきます その状況・イメージがお分かりになるでしょうか もしその雰囲気がそのまま現れたら 正直 私は何も言う事はありません 空間に重みとモダンが混在する様が 実に楽しみです!


c0223331_15464334.jpg
c0223331_15464951.jpg
c0223331_15470039.jpg
c0223331_15465513.jpg

# by yamato-arch | 2019-04-08 16:46 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■今日ですべての関係工事が終了いたしました あとは今週再度駐車場部分の砕石敷きと最後の建物検査 その後ハウスクリーニングが乗り込み家の中を奇麗に清掃いたします 

それと毎度月並みな事をいいますが 本当にここまで実に長いようで短い とういう感想を毎回ひしひしと感じます もうこの建築を手放す 今はその事で頭がいっぱいですね 


c0223331_15463206.jpg
c0223331_15463889.jpg
c0223331_15461959.jpg
c0223331_15462658.jpg

# by yamato-arch | 2019-04-08 16:02 | Comments(0)

■木部塗装もほぼ終了に近づきました 今回は白をベースに薄めのウォールナット系が家のコントラスト そこにポイントで黒が混じり家をコーディネイトいたします・・・にしても収納棚の多いこと 大は小を兼ねるではありませんが 少なくて困るより多い方が使い道があり きっと役に立つ事もあるでしょう


c0223331_16410918.jpg
c0223331_16412434.jpg
c0223331_16411758.jpg








# by yamato-arch | 2019-04-05 16:52 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■造り付建具の搬入・・・今回の建築内部のテイストは 雰囲気で言うと何か和洋折衷的な感じかもしれません しかし実際に中に入りその場で現物やその空間のイメージを改めて見てみると 思ったほどバランス感覚を崩さず廻りと調和が図られ しかも全体のイメージや雰囲気にしっかり馴染んでいる様子が伺えます

何でもそうですが「決めつけ」は決して良くないですね 取り合えず「実行・失敗」そこから新たな発見やひらめきが見えてくる 今回 それがよく見えました でもクライアント側からすれば初めての事 決して失敗は許されないですよね・・・・


c0223331_17161093.jpg
c0223331_17154269.jpg
c0223331_17153682.jpg
c0223331_17154884.jpg

# by yamato-arch | 2019-04-04 17:39 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■クライアント個人が購入したダイニングテーブル上のペンダントライト 薄い木目調のライトカバーからこぼれる電球色系の光 これがまた何とも言えない心地良さを感じます


c0223331_15552919.jpg
c0223331_15553639.jpg
c0223331_15554291.jpg

# by yamato-arch | 2019-04-03 16:02 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■いよいよ最終段階に入りました 作業的にはおおざっぱなヶ所はすべて終了 所どころ細かな部分を残していますが 90%完成です 写真は光庭(パティオ)この光庭にトップから陽が燦々と落ち そしてそこから大型窓を通してエントランス・LDKへと各スペースに陽が送り込まれる仕組み

また プライバシーはすべて確保という訳ではありません しかしこの光庭を採用した事により大部分が解消された事は間違いありません


c0223331_15154697.jpg
c0223331_15154060.jpg
c0223331_15152661.jpg
c0223331_15153340.jpg

# by yamato-arch | 2019-04-02 15:34 | Comments(0)

■川村塗装様による木部の塗装作業・・・今回 内部で目に入る木の部分は ほぼすべて着色されます 色はウォールナット系の薄め その他では黒 この2パターンでの着色 

そして塗装作業が終わるといよいよ壁紙施工に突入 壁紙が貼られると もう全体像は誰が見ても雰囲気が手に取るように分かり一人一人の評価や好みがハッキリするでしょう

また 今回はどちらかと言えば色自体がハッキリとしメリハリがあります 故に個々のパーツにおいては満足感がありますが これを全体像で見た時にどう表現されるかです そのために抑える部分は抑え むやみに着色しないよう配慮し しいては我慢しなければなりません・・・この後がマジ楽しみです!



c0223331_14512934.jpg
c0223331_14512192.jpg
c0223331_14513707.jpg
c0223331_14514329.jpg







# by yamato-arch | 2019-04-02 15:13 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■パティオに「ヒメシャラ」の植栽が終了 この植栽あるなしではパティオが思うように映えません それに少々長いアプローチです その途中にほんの少しの自然樹が加わる事で 来客者もきっと心が癒されるのではと期待しています

それと 今回オープンな畳室コーナーが存在します 通常の畳室コーナーの造りは大半がフラットか小上がり しかし 今回趣向を変え階段2段下がりのスキップフロア 理由は通常の畳コーナーの目線より高低差ある畳コーナーから感じられる意外で新鮮な感覚を味わえたら それはそれで粋な空間を楽しめるのでは考えたのが理由です 

一般的な床のスキップフロアはよくあります オープンでスキップな畳コーナーは珍しいかもしれません(只今 基礎立上り部のセメントモルタル仕上げ中)

実はこの提案ですが 今迄何度か提案してきました でも中々実行されず今日まできましたが この度のクライアントY様ご夫妻が快くお受けいただき実行されました ありがとうございます 

各水回り設備機器が終了いたしました 最後の屋外の貯湯タンク及びエコキュートの設置作業が只今行われています



c0223331_11121338.jpg
c0223331_11115493.jpg
c0223331_11120010.jpg
c0223331_11120703.jpg


# by yamato-arch | 2019-03-30 11:58 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■外構工事も終盤 建物周辺・駐車場左右の砕石敷きを終わり転圧プレートで締め固めをします 中庭(パティオ)にはヒメシャラを植栽 あとはその周辺に「芝張り」 この「芝」はクライアント個人が今後の努力目標として考えています 尚 (有)堀左官工業様は只今セメントモルタル部の仕上げ中 (有)清水住設様は中の設備機器の設置中・・・てな具合で現在作業が進んでいます あともう少し・・・・


c0223331_11291909.jpg
c0223331_11292600.jpg
c0223331_11291162.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-29 11:40 | Comments(0)

ー医療建築ー 地鎮祭

■来月 八戸市田向地区にてスタートする医療建築の地鎮祭の行事が行われました 神事は御前神社様にご依頼 竣工は今秋を目指します そして今回の神事行事にも今建築を担当する協力会社様が ほぼ全員集合 クライアントと一緒に土地の地祝い・鎮め そして安全祈願をして無事滞りなく終了いたしました 皆様 本当にありがとうございました

また このような場でこのような機会にお互い顔合わせや挨拶を交わすという事は そうそうあるものではないと思います これがきっかけで何かしらのお互いのご縁や利益に繋がれば 正直 これ以上の喜びはないはずです それと一つの仕事を完遂するにあたり「見える建築」は互いに気持ちの上で安心できる大きな要素でもありますね

着工まで もう少し準備があります クライアントのN様ご夫妻及びご両親様 どうか今後とも宜しくお願いいたします 本日は誠におめでとうございました



c0223331_15081476.jpg
c0223331_15083755.jpg
c0223331_15084476.jpg
c0223331_15102825.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-28 15:52 | 八戸市田向一丁目 医療建築 | Comments(0)

■2階バルコニーの施工途中段階です・・・バルコニーの床(セランガンバツ材)は終了 あとは正面に見えている防水性の収納庫をバツ材で覆う作業と防水性コア型の植栽スペースをセメントモルタルで仕上げする作業を残すのみです これが完成するとリビングテラスが整い最高の環境が見えてくるはずです

段取りが少し逆になりましたが 今日から中の壁紙の下処理(パテ掛け)が始まりました 担当は(有)山本室内様 もう当社の考えや想いを十二分に理解している会社なので心配は一切ありませんね


c0223331_15000518.jpg
c0223331_14594161.jpg
c0223331_14595540.jpg
c0223331_14594919.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-27 16:03 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■現在 外構工事の真最中 前面道路から外のコンクリート打ち放しアプローチ そして中庭のコンクリート打ち放しアプローチ といった具合にエントランスまで少々長い距離が特徴的なアプローチです

では何故このような距離感あるアプローチを計画したかですが よく昔の家は意外と道路から家までが距離がありました それは大半が広い敷地のため玄関まで有効的 かつ美や癒しといった味わいを与えるために建築を図ったものだと考えられます 今は道路とエントランスまでの距離が短いのが大半ですね

しかし 今はそういう状況は中々困難 そこで今回そのような雰囲気というか面影というか 道路からエントランスまでの距離感をある程度もうける事で少しは昔のような感覚を楽しんでいただけるのではと考え設計してみました


c0223331_15003564.jpg
c0223331_15004257.jpg
c0223331_15002060.jpg
c0223331_15002746.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-27 15:42 | Comments(0)

建築展示会終了のご挨拶

■この度 三戸郡南部町大字大向字佐野平の「静」と「眺」の平屋建築の建築展示会にお越しいただいた皆々様方 本当にありがとうございました そのお越しいただいた来場者数についてですが 今回 少し遠出という事もあり 正直 多くは望んではおりませんでしたが 結果 予想をはるかに上回る数となり少々面食らっているのが現状です これは本当にアリガタイ事で感謝以外の言葉はありません

それもこれもご依頼いただいたM様ご夫妻との「ご縁」と「お声掛け」すべてがそれに尽きます それと互いのフィーリング そういった諸々の関係があったればこそ ここまでお付き合い出来たのではないでしょうか 感謝の気持ちで一杯です

さて 今回の平屋建築はいかがでしたでしょうか デザイン・形・スペース・色彩・素材といろいろ皆様方においては賛否両論あるかとは思いますが ベースは個性です それは「住み手」側と「創り手」側が持ち合わせている感覚・感性 そういった個性をいかにコラボさせ そして新たなデザイン・新たな個性感覚を創り出すか その方向性と理念をもって私たちヤマトは今後もさらに邁進していきたいと考えております

改めて申し上げます 本当にこの度はありがとうございました またM様とは今後さらなるお付き合いが始まります どうか末永いお付き合い宜しくお願い申し上げます



c0223331_16191512.jpg
c0223331_16193203.jpg
c0223331_16203554.jpg
c0223331_16201671.jpg
c0223331_16213854.jpg
c0223331_16212398.jpg
c0223331_16215113.jpg
c0223331_16211327.jpg
c0223331_16210367.jpg
c0223331_16224089.jpg
c0223331_16224964.jpg







# by yamato-arch | 2019-03-26 17:29 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■木工事・内装工事も終わり最終局面を迎える状態まで来ました 今後は設備工事・電気工事・左官工事・建具・畳 そして現在進めている外構工事 そういった順で作業が進んでいきますが 詳細な部分を除けば意外と完成が近いかもしれません しかし余裕を持ち過ぎるとあとで落とし穴がありそうで・・・マジ!そうならないよう一つ一つ確認して進めていきたいと考えています


c0223331_16135161.jpg
c0223331_16134497.jpg
c0223331_16135719.jpg
c0223331_16133862.jpg












# by yamato-arch | 2019-03-25 16:30 | Comments(0)

■力桁階段の製作終了・・・この階段はエントランスの目の前に存在する中央の1本の桁材で踏板を支える何ともシンプルで開放的で明るいステアーズ そしてそのすぐ脇にサブの玄関 何とそこには大量に置けるシューズスペース まるでショップかのような雰囲気です

また ガレージのオープンスペースにも利便性の高い収納棚と目隠しの収納庫が備わっています これもチョット間違えれば自動車修理工場と勘違いしそうです

さらにファサードを飾るポーチの壁は黒のガルバリウム鋼板立平葺きで製作 当初はこの素材ですべての外観を覆う計画でしたが 都合上今回は見送り しかしこの部分だけでも採用できた事は今後の設計プランに役立ちます



c0223331_15471391.jpg
c0223331_15470781.jpg
c0223331_15470083.jpg
c0223331_15465444.jpg





# by yamato-arch | 2019-03-25 16:08 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

■建築展示会開催について
■日時:2019年3月23日(土)~24日(日)2日間 AM10:00~PM5:00
■場所:三戸郡南部町大字大向字佐野平(旧南部工業高校グランド裏 付近はりんご園)
■告知:デーリー東北新聞23日(土)朝刊・当ホームページの最新情報にてご案内

■この度 クライアントM様ご夫妻のご厚意を賜り かねてから計画しておりました建築展示会を開催させていただく事となりました 誠に感謝申し上げます

さて 今回の平屋建築ですが 「想い」とここまでのプロセスを考えるとコラボレーションという言葉がぴったりとあてはまります 本当にクライアントと共に共同作業でした だからこそなのでしょうか とても満足いく結果となったと私は考えています(一方的ですが)

そういう建築を ぜひ皆様方にご覧いただき 今後の家創りの参考の一つに加えていただければ とても嬉しい限りです 少々 会場まで遠出にはなりますがドライブがてら足を運んでいただき ぜひ 今「平屋建築」をご覧いただければと思います スタッフ一同会場にて心よりお待ち申し上げております



c0223331_15382595.jpg
c0223331_15381781.jpg
c0223331_15374363.jpg
c0223331_15370969.jpg
c0223331_15370228.jpg
c0223331_15364802.jpg
c0223331_15360987.jpg
c0223331_15345923.jpg
c0223331_15344518.jpg
c0223331_15343122.jpg
c0223331_15335154.jpg
c0223331_15333659.jpg
c0223331_15325778.jpg
c0223331_15324794.jpg
c0223331_15322538.jpg
c0223331_15313343.jpg
c0223331_15312792.jpg
c0223331_15310652.jpg
c0223331_15304002.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-22 17:12 | Comments(0)

■ガレージの電動シャッター設置終了・・・そのシャッターは幅3間(5460mm)の大型サイズ 余裕もって車2台車庫入れできます これはクライアントが特にこだわった部分 それはご夫妻とも車が大好き とてもとても大事に大事にされています 故に中からも普段のガレージ状況が見えるよう透明のドアも確保 いつでも中の様子が伺えるような状態にしています・・・この状況のちほどお披露目いたしますね

内部の造り付け作業も順調に進んでいます その造り付け棚やカウンターも あくまでシンプルに もちろん既製品のような細かな収納という訳にはいきません 現場で有効な寸法をとり そして機能性とバランス調整しながら造ります しかし 決して既製品の物を使わないと言う事ではありません 時には両方取り入れ特別な収納庫を考える時もあります ようは臨機応変です



c0223331_16160713.jpg
c0223331_16160251.jpg
c0223331_16155216.jpg
c0223331_16155794.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-19 16:43 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■照明機器の設置・・・各スペースがより活かされるよう いろいろ考えたライティングです その照明も当然ながら奇抜な物ではなく あくまで空間との融合性や特徴をもった機器を採用 例えば白の壁に現れる光との陰影現象 一部分だけ照らされる光の現象 強弱ある光 こうして陰と陽を普段の生活の中で感じ また楽しんでもらえるよう工夫した内容にしました

建物外観も一見近場で見ると平屋? でも やっぱり2階建て 間口が狭いながらも奥行に長い建築物 ゆえにボリューム的には意外と小さいと感じる ところが意外や意外 形だけではなく より奥深い建築物となっています 



c0223331_15502411.jpg
c0223331_15500094.jpg
c0223331_15500510.jpg
c0223331_15501399.jpg
c0223331_15501839.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-19 16:14 | Comments(0)

■まだ やり残しがありますが現段階の状態 今後 最終項目の建築展示会に向けラスト工事 ぜひお楽しみにしていて下さい

今建築スタイルは全面道路と旧南部工業グランドから見て間口の長い平屋の建築物 屋根もフラットルーフと勾配ルーフで構成 カラーはご覧のとおり白ベース ポイントに木板 実にシンプルに近い外観です また建物に接地している屋外ガレージも 基本 建物本体と同デザインで構成 2体を一体的にコーディネイト 

内部のLDKはスペースも 白をベースに無垢・集成材の木肌を現しにして全体を爽やかに かつナチュナルに個性を感じさせるスペースにしています それもこれも長年住む家 決して色を加え過ぎない事で家全体の経年変化を楽しむ とういう設計コンセプト これもまた人生において贅沢な感がします また飽きのきにくい という利点もあります それは今後何かしら手を加えたり変化させたり そういう事も極力少なくなり長くご満足いただける家となるのではないでしょうか


ー今後の予定ー
■建築展示会開催
■日時:2019年3月23日~24日(2日間)AM10:00~PM5:00 
■場所:三戸郡南部町字大向字佐野平(旧南部工業高校のグランド裏)付近はりんご園
■詳細は来週末当ホームページのトップ案内及びデーリー東北新聞の23日(土)の朝刊


c0223331_10284402.jpg
c0223331_10283783.jpg
c0223331_10282969.jpg
c0223331_10282265.jpg
c0223331_10281530.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-17 11:16 | Comments(0)

■ある程度 中の下地作業も終盤に差し掛かりました 今はその部分に集中しての作業が続いています この段階はまだまだ中のイメージや状況をお伝えする事は困難 でも当初描いていたイメージをはるかに超えた内容になる事は必至 それまで一つ一つ確認しながら進めていきたいと思います


c0223331_14562239.jpg
c0223331_14561691.jpg
c0223331_14561049.jpg
c0223331_14560508.jpg



# by yamato-arch | 2019-03-15 15:04 | 八戸市八太郎二丁目 H様邸 | Comments(0)

■小島ブロック様による外構工事・・・敷地内は雨泥でベストな状態ではありませんでしたが 何とか敷地内に重機を搬入して砕石厚分の現状土を鋤取り やはり現状を考えると今日はここまでが限界 でこの後ですが天候にもよりますが 来週にかけて土の状態を見ながらジャリ・砕石敷きを考えています

川村塗装様によるポーチ壁のジョリパット吹付け作業終了・・・吹付け色はホワイト系 それに対しガルバのオフホワイト系 どちらも同色に近いカラーですが やはり近場で見ると違いがよーく分かります その微妙な違いにこだわるのも これもまたやりがいがありますね

ハウスクリーニング・・・清掃作業を専門としたファミール様 スタッフはほぼ女性 そのせいか細かな作業・気遣い これはやはり安心できます

来週末の展示会までギリギリの作業が続きますが 頑張ります


c0223331_14235849.jpg
c0223331_14240430.jpg
c0223331_14241656.jpg
c0223331_14241013.jpg
c0223331_14242855.jpg
c0223331_14242369.jpg











# by yamato-arch | 2019-03-15 14:55 | Comments(0)

■造り付け建具の設置が完了・・・この造り付け建具のおもな建具はクローザーが装備され ソフトモーションのように戸当たりが柔らかくユックリ閉じるよう製作されています また通風仕様なので空気の流れや明るさなども ある程度確保され開放的でクライアントのお気に入りの一つに加わる事になりました

天候状態が悪く 中々ポーチ空間のジョリパット吹付け塗装が思うように進みませんが何とか下処理までこぎつけ 残す最終の吹付け作業を待つだけです

今日 クライアントと現場での打ち合わせ 最終の打ち合わせとなるでしょう そんな中 いろいろ雑談いたしましたが お互いここまでの経緯や結果を振り返りもしながら また受け止めながらも「良かった!」の一言だと感じましたね 

どんな仕事のプロセスもそうですが お互いの意思・意見をどう尊重しどう図るか もしくは一方通行独断でいくか 是々非々のような割り切った考え 判断するような訳にはいきません 人と人が何かをする事の難しさ つくづく感じさせられます

吉報・・・来週末に展示会を予定しました ぜひお楽しみに・・・・

c0223331_17024508.jpg
c0223331_17023312.jpg
c0223331_17023935.jpg
c0223331_17025191.jpg
c0223331_17025784.jpg
c0223331_17030242.jpg


# by yamato-arch | 2019-03-14 17:58 | Comments(0)

■ラスト工事に差し掛かりました そして待ちに待った造り付けオリジナルダイニングテーブルが本日搬入 キッチンと並べて一応手応えを見てみました・・・手前味噌です いい出来栄え! やはり床と同材(北海道産シラカバ材)の物を採用したかいがありました 形状も出隅・入隅のエッジ角度60°に抑えているせいか 大げさな角度ではありません どちらかと言うと柔らかくバランスある角度です

この後 いよいよ造付けの造作建具が配置されます 内部空間の最終コーナー あともう少し・・・


c0223331_16512157.jpg
c0223331_16510911.jpg
c0223331_16511552.jpg
c0223331_16512783.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-12 17:07 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■内装工事終了・・・壁紙・塩ビ床タイルはすべて終わり 中の空間もこうして見るとヶ所ヶ所によってエッジのきいた 何ともスタイリッシュな感じが見受けられ清々しさを覚えます この後まだまだ作業があります 一つ一つ丁寧に丁寧に進めていきたいと考えています


c0223331_16405600.jpg
c0223331_16410350.jpg
c0223331_16411489.jpg
c0223331_16410903.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-12 16:50 | Comments(0)

医療建築

■医療建築・・・小規模ではありますが八戸市某地区にて 只今 スタートに向け準備中・・・その建築モデルですが 当初のスタイルと今回実行するモデルに違いがあります しかしコンセプト・コンテンツともほぼ変わりはありません 多少「形状」に変更があれど基本系が変わらなければ そこから応用編で何かしらの知恵でまた違った建築を楽しむ事ができると考えています まずは今春スタートに向け頑張ります 秋にはオープン・・・・

c0223331_16154006.jpg
c0223331_16154658.jpg
c0223331_16160400.jpg
c0223331_16161086.jpg
c0223331_16161626.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-11 16:37 | その他 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■(有)山本室内様による内装工事の壁紙施工も終盤にさしかかりました ご覧のとおりハードな壁紙やシンプルな壁紙 それぞれの特徴を活かしながら スペースに合うようコーディネイト また自然光(トップ)を活かし壁に表現された陰陽/陰影 これは人工では出来ない表現の仕方 設計どおりです 良かったです!

1階スペースに あえて円をモチーフにした壁は廻りとの空間調整です 斜線・垂直線・低い線・高い線 これが今回の空間的な特徴 そこに円の線を描く事でさらに線に柔軟性と多様性が生まれ 空間がまた一味違う 柔らかいイメージを与える事ができました


c0223331_14263509.jpg
c0223331_14262925.jpg
c0223331_14262283.jpg
c0223331_14260828.jpg
c0223331_14261571.jpg
c0223331_14260250.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-08 15:06 | Comments(0)

■堀左官工業様によるポーチ・玄関の外床タイル施工と洗面コーナーの壁(一部)のタイル張り その外床タイルの目地処理もできる限り幅を極力狭めての施工 またタイル寸法も600角なので この面積に対し割合は丁度いい感じです 洗面コーナーのタイル柄はクライアントの奥様がお気に入りで購入したタイル 断面的には台形 形的には凹凸が表現されているので立体感があってこれも中々いいですね さすがです!

左官工事以外に川村塗装様による床(北海道産シラカバ)の塗装が始まりました 塗料はオスモカラーの自然塗料 これも出来る限り床材を活かせるようにしています 表面は柔らかくナチュラル 足触りもしっとり まるで疲れを感じさせないかのような床です 作業も丁寧に丁寧に塗布 そのせいかこの作業は来週までかかります


c0223331_14043709.jpg
c0223331_14043162.jpg
c0223331_14042072.jpg
c0223331_14042550.jpg
c0223331_14040234.jpg
c0223331_14040800.jpg
c0223331_14041487.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-08 14:25 | Comments(0)

■屋内ガレージと室内の間にある物置 そこにオリジナルで造り上げた大胆な洗い場があります 床は防湿コンクリート 給水壁はセメントモルタル塗り・・・今は下処理段階ですが出来上がるとこれはこれで中々イイ感じになるでしょう たかが洗い場されど・・・そんな感じですね

バスユニット・・・大きさは1.25坪タイプ 出入り口ドアは透明 この透明性の趣向はあくまで個人差がありますが 私的には好みです それは開放性とゆとり感 そしてプライバシーという一つの概念の考え方をもっているかどうか・・・私も自宅の浴室を改修したくなりました

一部ですがライトを発光 そのライトはほぼすべて電球色でまとめ空間を暖色系で染めます 今後 日没が楽しみです


c0223331_15083834.jpg
c0223331_15083217.jpg
c0223331_15084378.jpg
c0223331_15084811.jpg
c0223331_15085393.jpg

# by yamato-arch | 2019-03-07 15:38 | Comments(0)

陽を取り込む光庭の家

■パテ処理が終わり いよいよ壁紙施工が始まりました 壁紙は基本プライベート空間以外すべて白をベースに組み立てています しかし 今回の空間色はナチュラル、そこに初チャレンジとして意外と強い濃いめ色の既製建具が入る計画です それが今回どう見えどう感じるか チョット楽しみなところがあります

施工会社は お馴染みの(有)山本室内様職人一同 その中でとくにコダワリ感と釣りバカの山本専務は中々の人物です ヨロシク!


c0223331_14433343.jpg
c0223331_14433942.jpg
c0223331_14431978.jpg
c0223331_14432530.jpg



# by yamato-arch | 2019-03-07 15:08 | Comments(0)